■プロフィール

山葵豆

Author:山葵豆
元ソウル・シアトル在住。
やっと日本人に戻った、と思ったら
また韓国ソウル在住(3月まで)。
猫の「マイヤ」と二人?暮らし。
おいしいものと布団が大好き。

major-prof
同居人:マイヤ
シアトル生まれのシアトル育ち。
日本に移住してきた。
国境を越える猫。
2008年10月1日が(仮)誕生日。4歳。

プロフィール

instagramのブログパーツで、リアルタイムに山葵がアップしている写真の更新をみることができます。

―ランキング参加中―

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

■カテゴリ
■ブクログ

山葵豆の本棚

■最新記事
■山葵のお友達・お勧めリンク
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ランキング ブログランキング
スポンサー広告 | --:--:--
携帯難の相
水難だとか火難とかいう言葉ありますけれども。


そろそろ携帯難とかいう言葉を作ってもいいと思うんです。
・・・なんかこの言葉だけ聞くと、思っているのとは違う意味になりそうなんですけどもね。


私の携帯難は今回韓国にきて1ヶ月ほどで、新しい携帯会社と契約し新しい番号になったことから始まりました。
この番号を使っていた人間が、たぶん携帯を解約してすぐに私に同じ番号が回ってき、しかもその人間があちこちにお金を借りている多重債務者だった・・・ということは、これまでも何度もお話してきました。

おかげで、ガラの悪い取り立てやら、「以前にも使っていただけましたけど、現在お金のご入用は・・・」といった電話が今もかかってきたり、地検から「罰金を払え」とメールが来たり、それはもうさまざまな経験をいたしましたよ。ええ。
おかげで、韓国語でキレたりするという貴重な経験もできましたけれどもね。


そして今日。
・・・まぁ、大きなくくりでいえば自業自得なんですけれども。

夜、福岡人の集りがあったんですよ。
すこーし時間に余裕を持たせ、家を出ましてね。バスに乗り、それから降りて、次のバスの停留所(ちょっと離れているのです)までテクテク歩き、さて、次のバスに乗るか・・・とポケットを探ったのです。

日本にも交通機関の料金を払うときにカードで払えるところがあるように、ソウルの交通機関はバス・地下鉄、そして一部のタクシーは、すべて同じカードで支払うことができます。そのカードのサイズもまちまちでして、私は小さいストラップタイプのカードを携帯につけていたのでした。

ポッケを探り、鞄を探り、またポッケを探り・・・・
ない。
ないですよ。

そういえば横断歩道を渡ったとき、ちょっと走ったんですが、その時になんか・・・落ちたー・・・ような気がしなくもなかった。あそこかーーーー!!
思い当たる場所は、バスを降りたあたりの場所。
またテクテクテクテク戻る。戻ってあちこち見渡すも、ない。ないのだ。

運良く公衆電話を見つけ、自分の携帯に電話。
すると、おじさんが出てきましてね。どうも聞くところによると、すっごく遠くにいるわけではないようです。ご飯を食べているのだとか。

「税務署あるでしょ、税務署の近くのね、マグロ屋だから!」



でもわかりません _| ̄|○

だいたいね、うちの家はマンション群なんですよ。大きな道路に出るためには、そのためのバスに乗らないといけないんですよ。で、それからもっと賑やかな場所に移動してしまいますからね、近くに何があるのかはよくわからないし、税務署なんてね、行く機会もないですからね。
仕方なく、道路わきの地図を見ながら歩きだすものの、
「税務署どこですか」
って聞いてもね、
聞く人聞く人違うところを指すからね。
なに、そんなに税務署あちこちにありますか、みたいなね。

しかも、「マグロ屋」ですよ。

「いやー、税務署もわかんないしマグロ屋もわかんないから、もう少しわかりやすい目印ないですか」

と、言ってみたのですが、他には何もないようで。

「近くまで来たらまた電話してくれたらいいから」


って、携帯ないからできんのじゃーーーーー!

探してみると、意外と・・・というか、案の定公衆電話っていうのはなかなかないものですからね。小銭もほとんどありません。
今日のソウルは2度くらいですよ。
その中を、てくてくてくてく。てくてくてくてく。

家を出てから1時間くらい、私は家からさほど離れてもいないところであちこち歩き回っていたわけです。
「マグロ屋」を目指して。
しかしね、マグロをウリにしてる刺身屋なんてね、ソウルのあちこちにありますよ。それこそあちこちにありますよ。

「あのーマグロの刺身屋ってどこかありますか?」

と、道行く人に尋ねるも、みんなキョトーンですよ。
そりゃそうだ。そりゃそうだよ。


しょうがないのでね、もう少しわかりやすい場所を二度目の電話で聞きだし、店の外にまででてきてもらうことにしたのです。そしてやっと・・・やっと出会えた、私の携帯よ!



と。思ったんですけれども。
外まで出てきてくれたおじさんね、携帯持ってないの。
「さぁさぁ、店に入りなさい。」「は、はい・・・」
「さぁさぁ、座りなさい」「え、えーと、はい」
「さぁさぁ、お酒はどうだい?」

いやいやいやいや。

そのおじさんと、社長だとかいうおじさんにはさまれて座り、仕方ないので少しお話し、刺身や酒を勧められるのを断り、やっとのことで携帯が戻ってきたのでした。

それからタクシーに乗って集りに駆け付けたのですが、寒い中必死で歩き回ったせいか、なんつぅーかこぉ脱力感がずーっとありましてね。
「元気ないね」って言われましたけど、もぅほんと






この携帯イヤだわ。




お客様の中でどなたか祈祷師の方はいらっしゃいませんかー!


FC2ランキング ブログランキング
おいしい韓国 | 20:01:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。