■プロフィール

山葵豆

Author:山葵豆
元ソウル・シアトル在住。
やっと日本人に戻った、と思ったら
また韓国ソウル在住(3月まで)。
猫の「マイヤ」と二人?暮らし。
おいしいものと布団が大好き。

major-prof
同居人:マイヤ
シアトル生まれのシアトル育ち。
日本に移住してきた。
国境を越える猫。
2008年10月1日が(仮)誕生日。4歳。

プロフィール

instagramのブログパーツで、リアルタイムに山葵がアップしている写真の更新をみることができます。

―ランキング参加中―

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

■カテゴリ
■ブクログ

山葵豆の本棚

■最新記事
■山葵のお友達・お勧めリンク
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ランキング ブログランキング
スポンサー広告 | --:--:--
便器の上の夢
いつものことですが、またもや意味不明な夢をみて数時間で起きる→二度寝する→寝すぎるという華麗なるコンポを達成し続けている山葵です。


この前の夢なんですけどね。

どういう流れでそうなったのかわからないのですが、ちょっとした荷物を抱えて私は旅をしていたみたいなんです。で、なぜか寝る場所に選んだのが、どこかの建物のトイレ!!
そのトイレはね、不思議なことに便座が向かい合ってるんですよ。
今考えるとありえないよね。中国かどこかには向かい合った便座があるって聞いたけど。

そんな向かい合った・・・といっても、間がだいぶあいた二つの便器。
その蓋を閉めて、そこで寝る私。
ドアの向こうからは、たまに警備員が歩きまわっている音が聞こえ、体を縮める。
便器のふたは、緩やかな凸型になっていてとても寝心地が悪い。

「うーん、うーん、うーん」

寝苦しいよぉ、寝苦しいよぉと、苦しみつつ私はふと目を開けました。



するとね。目が覚めた私の目の前に迫っていたんですよ、床が。
私の頭は、天井からつってある天蓋の隙間を抜け、胸のあたりから上の部分はベッドから突き出していて、頭はぶらんぶらん、胸はそこから上の重みを支えるために押しつけられ、とっても息苦しい感じで・・・・


って寝苦しいの当たり前じゃっ!!


あまりのダイナミックな寝相に、自分でもびっくりしたのでした。
せめて夢では安らかな心で過ごしたいものです。


FC2ランキング ブログランキング
おいしい韓国 | 18:27:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。