■プロフィール

山葵豆

Author:山葵豆
元ソウル・シアトル在住。
やっと日本人に戻った、と思ったら
また韓国ソウル在住(3月まで)。
猫の「マイヤ」と二人?暮らし。
おいしいものと布団が大好き。

major-prof
同居人:マイヤ
シアトル生まれのシアトル育ち。
日本に移住してきた。
国境を越える猫。
2008年10月1日が(仮)誕生日。4歳。

プロフィール

instagramのブログパーツで、リアルタイムに山葵がアップしている写真の更新をみることができます。

―ランキング参加中―

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

■カテゴリ
■ブクログ

山葵豆の本棚

■最新記事
■山葵のお友達・お勧めリンク
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ランキング ブログランキング
スポンサー広告 | --:--:--
トラブルを呼ぶ女
トラブルにまみれています。
トラブルっていうのは、住み慣れた国で遭遇してもいやなもんですが、言葉も通じない国で遭遇するのはもっともっといやなもんです。そんなわけで、この二週間の間に遭遇した、あるいは現在進行形のトラブルについて書いてみたいと思います。

トラブルその1
いうまでもなく、以前日記にも書いた「出国できない騒動」。
これについては、私のほうのミスなのかと思ってネットをあれこれ探してみましたが、やはりどこにも説明なし。思えば、この不可抗力なトラブルから、私のアメリカでのトラブルまみれ生活は始まったのでありました。

トラブルその2
これも前に書きました、「空港で迎えの人に見つけてもらえないトラブル」。こちらも、一時間近く空港をさまよい、疲れ果ててその後扁桃炎の再発(しかけ)にもつながりましたが、とりあえずは解決してよかった。彼、私を探し疲れて「もう帰る」と報告していたようです。ここで最後まで見つけてもらえなかったとしたら・・・。私は本当のホームレスとなっていたことでしょう。

トラブルその3
到着後、かなりのスピードであちこちの家を見て回り、新しく移動する家を探した私。とにかくすぐに荷物が受け取れるように、と契約時に教えてもらった住所に日本から荷物を送るように手配しました。
そしてそのあと、ネットを開通するための工事・・・を申請するなど、アメリカ初心者には厳しい試練をこなしたわけですが、その工事の申し込みのときに発覚したトラブル。
「教えていただいた住所に、そのような部屋番号はありません」

アパートの住所を、間違って教えられていたことがわかったのでした。

アパートのマネージャーに新しい住所を聞き、ネット会社への住所変更、という課題を抱え、私は初めて自ら電話をしなければならないという最大の困難にぶつかったのでありました。英語で電話とかまじ怖い。
そして問題になったのが、日本から送った荷物、なのでありました。

トラブルその4
EMSで送ったその大量の荷物は、ネットで追跡したところ、先週すでに配達され、受取人不在のため郵便局に持ち帰られたということ。
ただ、住所が微妙に間違っているという問題もあり、本当に配達にきたのかわからない。なぜならば、不在届けの紙がどこにも見当らなかったからである。それにしても、だ。配達にきたときに電話でもしれくれればまだよかった。が、そのような電話もなく、ただただ持ち帰られてしまった荷物。
そのあと、友人に頼んで再配達申請をしてもらうも、「住所の変更ができない」とか「不在届けの番号が必要」などなどの問題が発生、やっとのことで火曜日、今日に再配達するようにお願いしたのでした。

トラブルその5
新しい部屋に来て、数日間は家具もなんにもないまっさらな部屋の片隅に、しょぼんと布団のシーツのみをひいて寝ていた私ですが、遠いIKEAまで旅立ちまして。デスクや机、ベッドなどを購入して配達してもらうようにお願いしました。それにしても大変だった。IKEAで家具を買ったことがなかったのでわからなかったが、自分で巨大なパーツをピックアップしないといけないんですな。なにぶん、一気にあれこれ購入したため、大きなカートが3つにもなり、ものすごい重労働だったのでありました。が、新しい生活への期待を膨らませつつ、IKEAを出た時には、その辺鄙な土地のバスはすでに最終が終わっていたのでありました。

トラブルその6
二日をかけて、購入した大きな家具の組み立てを行った私。最後に、デスクの椅子を組み立てようかな、と箱からすべてのパーツを出したところ・・・。説明書が入っていません。
「あれ、椅子は組み立てるのが簡単だから入ってないのかな?」と思いましたが、椅子のパーツを組み立てるためのボトルなどのパーツも入っていません。不良品・・・・!?
アメリカ人の友達にいうと「返品して換えてもらったら?」なーんていいますが、不遇な外国人は車などを持っているわけでもなく、遠いIKEAまで簡単にいくわけにはいかないのです。これまた長い長い時間をかけて、やっとパーツを別に配送してもらうことになったのでした。ちなみにまだデスクの椅子は組み立てられておらず、高さの合わない椅子で作業をしているのでした。

トラブルその7
ネット開通の日がやってきました。家に到着する前に電話がかかってくる、ということなので緊張して待っていたのです。なぜかというと、ネット工事の申請をしたときに、これはすべての人に送られてくるサイトのページのようなのですが、
「当日は大人、また英語のできる人が家で待機すること」
といった文面が書かれていたからです。英語・・・英語とな。
しかし、まぁまぁとりあえず無事に工事の方が部屋にやってき、ちゃくちゃくと接続を進めていったところで、なんかマンション側の設定?もしないといけないじゃないですか。あれでいったん外に出て行った彼がしばらくして戻ってくると、
「ガレージの中に入らないといけないんだけど鍵はないか」
ですって。ガレージのカギは持っていなかったので、アパートのマネージャーが勤務している部屋に行ってみたところ・・・数日前までそこにマネージャーがいた部屋は、知らない男性が・・・改装工事中。マネージャーはどこだ。
教えられた電話番号に電話をしてみるも、部屋に置かれた電話が鳴るのみ。

仕方なく、工事の人は数時間後にまた来ると言って去り、あまりに戻ってこないのでちらちらと玄関口に見に行っていたら、マネージャーを発見。ガレージのカギが必要なの!と訴えてみる。そして、工事の人が来たら鍵を貸してもらう約束をした上で、昼ご飯などを食べてると工事の人が戻ってきて、
「まだマネージャーいないんだけど」
マネージャーどこいったぁああああああああ!!!!!

そんな紆余曲折を経て、今日、やっと新居からネットをつないでおります!!

トラブルその8
さ、さきほどお話ししました、日本から送った荷物の件。再配送を申請して、今日中に届くはずだったのですが・・・。現在こちらは、夕方の5時を過ぎまして、朝型なアメリカでは、そろそろ荷物が届いたりするには遅い時刻となってまいりました。
日本や韓国ではEMSはそれなりに信用の高いもの、だと思いますが、聞いてみればアメリカではいまいちなのだそうで。確かに、荷物を送ってからすでに2週間近くがたとうとしており、これなら普通の飛行機便で送ってもそろそろ届くころという時間が去ってしまいました。
日本から持ってきた服だけでは、対応しきれないくらいに冬っぽい季節となってきましたし、何より勉強道具やら本やらなにやら、生活で一番重要なものばかりをつめて送った箱。早く手に入らなければ困ります。
不在届けも、電話もなかったのに、5日たつと日本国内に戻されるところだったのです。そうなればまた送るのに時間が、というか、それよりなにより、一度送るのにものすごい高額なお金がかかっているわけです。そう簡単に返送されたら困ります。

私の荷物は・・・いずこ・・・・


FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 02:12:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。