■プロフィール

山葵豆

Author:山葵豆
元ソウル・シアトル在住。
やっと日本人に戻った、と思ったら
また韓国ソウル在住(3月まで)。
猫の「マイヤ」と二人?暮らし。
おいしいものと布団が大好き。

major-prof
同居人:マイヤ
シアトル生まれのシアトル育ち。
日本に移住してきた。
国境を越える猫。
2008年10月1日が(仮)誕生日。4歳。

プロフィール

instagramのブログパーツで、リアルタイムに山葵がアップしている写真の更新をみることができます。

―ランキング参加中―

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

■カテゴリ
■ブクログ

山葵豆の本棚

■最新記事
■山葵のお友達・お勧めリンク
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ランキング ブログランキング
スポンサー広告 | --:--:--
マイヤさんの成功物語
むかしむかし、あるところに、小さくて毛むくじゃらな一匹のケモノが住んでいました。
冬は寒く、雨がしとしとと降ります。
ケモノは、とても寒くて、自分のしっぽを抱いて眠る日々。

しかし、寒さは我慢ができても、おなかがすくのは我慢できません。
ケモノはついに、行き倒れてしまいました。
coffeesheep
ぱたり。

coffeesheep
ひもじくてもうだめ・・・・。

しかし、運よく通りがかった芸能プロデューサーにその美貌を見出され、彼女は一躍有名モデルへと成長するのです。

coffeesheep
(パシャッパシャッ

その美しさで、数年後にはトップモデルの証、パリコレにも出演。
coffeesheep
世界中の人が彼女の美しさをほめたたえたのでした。


そして、今や新しく会社を立ち上げた彼女は「社長」になっていました。
coffeesheep
「私の今日の予定はどうなってるのかしら?」

もちろん、下僕部下もいます。
coffeesheep
「おら、チャキチャキ働かんかい」


こうして、雨風や空腹に打ちひしがれて縮こまっていた小さなケモノは、その美貌で名声と下僕部下をかかえる会社をその手に収めたのでございました。

めでたし、めでたし。




この物語はフィクションであり、登場する団体・人物は実在する同名の団体・人物とは関係がありません。

FC2ランキング ブログランキング
羊的日本生活 | 01:46:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。