■プロフィール

山葵豆

Author:山葵豆
元ソウル・シアトル在住。
やっと日本人に戻った、と思ったら
また韓国ソウル在住(3月まで)。
猫の「マイヤ」と二人?暮らし。
おいしいものと布団が大好き。

major-prof
同居人:マイヤ
シアトル生まれのシアトル育ち。
日本に移住してきた。
国境を越える猫。
2008年10月1日が(仮)誕生日。4歳。

プロフィール

instagramのブログパーツで、リアルタイムに山葵がアップしている写真の更新をみることができます。

―ランキング参加中―

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

■カテゴリ
■ブクログ

山葵豆の本棚

■最新記事
■山葵のお友達・お勧めリンク
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ランキング ブログランキング
スポンサー広告 | --:--:--
電子図書の夢
講談社と京極夏彦さんがやってくれました。



KindleやiPadが発売され、アメリカでは電子図書の市場がちゃくちゃくとでき上がっています。
あまりメジャーではない本はまだないものの、小説などの娯楽はどんどんデータで出てきています。
一方日本は。
ハイテクに強いはずの日本は、今のところ青空文庫が読めるくらいで「電子図書」のありがたみはさほど感じることができません。特に、海外にいると思うんです。「日本の本が簡単に手に入ったらいいのになぁ」


そんな中、京極夏彦さんが新作『死ねばいいのに』をiPadやiPhone用にアプリとして出版することを決定。(講談社のページに飛びます)
さすがです。

電子図書が流行れば、紙の本が売れなくなる、本屋さんが困るなどなどという極端な話がありますが、そんなことはないと思うんですよね。データの強みがある一方で、紙の強みはあると思うのです。読む方は、紙で買うか、データで買うかを決めることができるし、選択肢が多くなればなるほど、「買いやすく」なるんです。
これから電子図書が増えるに従って、本屋さんには本屋さんができる工夫を、出版社は新しい試みを、どんどん出していって欲しいなぁなどなどと考えつつ、「読者としてもう一つの選択肢」を思いついてしまいました。


データで買ったからっていって、紙の本を買わないってことにはならないよね。
データも、紙も、同じ本を二度買う可能性ってのもあるよね。



・・・うーわー、お財布にキビシイ選択肢ッ。



しかし、「本」を愛する私としては講談社と京極さんの挑戦を心から応援したいところです。

死ねばいいのに死ねばいいのに
(2010/05/15)
京極 夏彦

商品詳細を見る


iPhone/iPod touch版はこちら 900円(税込) ※6月11日23時59分まで特別価格700円(税込)

iPad版はこちら 900円(税込) ※6月11日23時59分まで特別価格700円(税込)



ただ、アプリの改善点はまだまだあるかな、という感じ。
この講談社アプリはページをめくるときの「ぺらっ」という感覚がなく、ただスライドされるだけという点。
京極さんは、文章がページをまたがないよう、すべてコントロールしているということが有名ですが、このアプリではそのようなコントロールはなされておらず、文の一番上に「?」が来たりするという文法的にあまり美しくない部分も数点見られました。

iBooksなどの細かい工夫などに比べると、「リーダー」としての機能はまだまだ。
今後、データで本を出す作家が多くなりアプリ自体もどんどん進化していってくれるといいなぁと願っています。




『死ねばいいのに』のレビューは、左の本棚にある表紙をクリック☆

FC2ランキング ブログランキング
文房具・ガジェット愛 | 16:30:44 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
電子化
最近、ゲームもダウンロード販売が増えてきたけど、メディアの方でも出してるソフトはあまり売れてないみたい。
メディアとデータのみの価格差が数百円しか変わらないから、中古販売も考えてメディア選ぶのも仕方ないのかも。
ダウンロード販売のみのはそれなりに売れてるみたいだけどね。

俺は中古販売とか全くしないけど、形として残しておきたいタイプなので、電子図書には手を出さなそうかなぁ。
でもわさみたいに、蔵書がハンパない人には電子図書は良いかもね(´▽`)
2010-05-31 月 06:23:02 | URL | 剣 [編集]
iPad予約しちまいましたあなたのせいです。
香川圏内で販売してるのが高松の二箇所だけってどういうことよ…。
田舎なめてんのか到着がたのしみです。
2010-05-31 月 20:41:17 | URL | 四輪 [編集]
>つるさん
私も、特に好きな本とかはちゃんと紙で買いたいと思うなー。
ただ、なんだろ、電子図書と「紙の本」は同じじゃなくて、「まったく違うもの」と考えてもいいんじゃないかなーなんて最近思ったり。これとかみてみて!
http://www.youtube.com/watch?v=L_gniS4d5Pw

あとは、確かに置く場所が気にならないとか、「小説」とかじゃなくて情報として必要な本とかはデータで常に大量も持ち運べるっていうのは魅力、よねー。

>四輪さん
ちょ、予約したんだwwwwwお疲れさまですwww
いやだなー、私のせいにしないでくださいよ、本当は欲しかったんでしょう??
私は買ってしばらく、毎日常にいぢってますが、かなり満足してますよ。ほんと、これはいい。報告待つ!!
2010-06-01 火 14:51:25 | URL | 山葵豆 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。