■プロフィール

山葵豆

Author:山葵豆
元ソウル・シアトル在住。
やっと日本人に戻った、と思ったら
また韓国ソウル在住(3月まで)。
猫の「マイヤ」と二人?暮らし。
おいしいものと布団が大好き。

major-prof
同居人:マイヤ
シアトル生まれのシアトル育ち。
日本に移住してきた。
国境を越える猫。
2008年10月1日が(仮)誕生日。4歳。

プロフィール

instagramのブログパーツで、リアルタイムに山葵がアップしている写真の更新をみることができます。

―ランキング参加中―

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

■カテゴリ
■ブクログ

山葵豆の本棚

■最新記事
■山葵のお友達・お勧めリンク
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ランキング ブログランキング
スポンサー広告 | --:--:--
バンクーバーへの小旅行(2)
「英語できなくても国境越えられるねぇ!」

と、調子に乗りながらカナダへと乗り込んだ二人。
coffeesheep
カナダに入ってもまだまだ空は曇り空。

国境からさらに約1時間。
どんどん北上して、バンクーバーへ突入。まずはお勧めされていた「グランビル・アイランド(Granville Island)」へ。車だとあっという間に一周してしまうとても小さな島です。
coffeesheep
島からはバンクーバーのアパートが一望できます。
西洋というよりも、アジア的な乱雑さのあるアパート群。結構好きです、こういう感じ。

島の中をぐるりと歩いてみるものの、美術館やクラフトのお店などがずらりと並び、「ご飯食べるところない・・・?」とうろうろしたあげく、実は車を停めたすぐ前の市場の中にすべて入っていたという。

coffeesheep
色とりどりの野菜。
coffeesheep
いろんなパン。
ちなみに昼ご飯はサンドイッチにしたのですが、「どのパンで挟む?」とあまりに多い種類のパンを見せられて「なにがなんなの・・・・」と混乱してしまったのでした。
coffeesheep
お肉やお魚、ジャムや紅茶、お菓子やおかず的なものまでそろっていました。
とっても素敵にオシャレな市場です。

ここで腹ごしらえをし、メープルシロップなどを購入したあと移動。
いよいよダウンタウンへと進みます。


が、まぁ、なんといいますか、「あんまりアメリカと変わらんねぇ・・・」といったイメージ。
さほど車から出ることもなく(停めるところもあまりないですしね!)、街はほぼ素通りして、世界で二番目に大きいというチャイナタウンがバンクーバーにあるということで、チャイナタウンへ・・・・。

coffeesheep
チャイナタウン入口。

なんだか閑散としたチャイナタウンです。
中国関係の研究者であるT氏によれば、日本の中華街のように繁栄しているチャイナタウンの方が例外なのだそうな。
チャイナタウンを歩く人は80%がアジア人(たぶん中国人)で、しかも中国語を話せるT氏と一緒にいる私は、すっかり中国人と間違われ、お店の人に何度中国語で話しかけられたことか。

・・・大学時代、第二外国語として中国語を選択していた私は華麗に・・・・華麗に、その中国語に、
「あ、あはは・・・・」
というあいまいな笑顔で答えましたとも!!!!

coffeesheep
バンクーバーのチャイナタウンの中にある、「世界でもっとも幅の狭い建物」(ギネス認定)。
確かに、大人が一歩大きく踏み出せば壁にぶち当たるような狭さの建物ですが、別に誰も住んだり店を出したりはしてませんでした。


昼ご飯を食べたばかりだというのに、すでにお腹がすいてしまった私は「中華粥ー!中華粥ー!」と騒いだのですが、粥の店はなく。しかたなく、お店を冷やかして歩いたり、買おうと思っていた「辣腐乳」を見つけて購入したり、ふらふらと中華街をさまよったのでした。


続く








FC2ランキング

ブログランキング



FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 21:50:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。