■プロフィール

山葵豆

Author:山葵豆
元ソウル・シアトル在住。
やっと日本人に戻った、と思ったら
また韓国ソウル在住(3月まで)。
猫の「マイヤ」と二人?暮らし。
おいしいものと布団が大好き。

major-prof
同居人:マイヤ
シアトル生まれのシアトル育ち。
日本に移住してきた。
国境を越える猫。
2008年10月1日が(仮)誕生日。4歳。

プロフィール

instagramのブログパーツで、リアルタイムに山葵がアップしている写真の更新をみることができます。

―ランキング参加中―

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

■カテゴリ
■ブクログ

山葵豆の本棚

■最新記事
■山葵のお友達・お勧めリンク
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ランキング ブログランキング
スポンサー広告 | --:--:--
Boys and girls
私、お魚はさほど好きじゃないのですが(肉食!)、海産物が大好きでして。

特に生牡蠣は大好物!なのです。
シアトルは海と湖に囲まれた土地で、アメリカでも屈指の「海産物がおいしい街」。
「生牡蠣食べたい!生牡蠣食べたい!」
と、車を持っている友人にアピールしてきたものの、彼らにとって生牡蠣はさほど魅力的ではないらしく、これまで食べる機会に恵まれませんでした。

が、つい先日ですね、光栄なことに(自分でお金を出さずに)牡蠣を食べられる機会に恵まれました!
(しかし、残念ながらそんなことになると思ってなかったのでカメラを持っていきませんでした_| ̄|○)

しかも、高級ホテルに入っている超高級そうなレストラン!!!


牡蠣の種類もたくさんありましてね。
「大きいのか小さいの」
「甘味のあるものか、塩っぽいのか」
などなど、選ぶ基準があるんです。素敵ー!

私は調子に乗って、数種類の牡蠣を食べてご満悦。めっちゃおいしいの!!
しかも、おっきな牡蠣の入ったスープも注文して、もぉーとろけちゃうー(*´ω`*)

我々は4人だったんですけどね、一人は日本の教授、一人は大学の事務員、そしてもう一人は私のメンターで、全員ある程度大人の男性。そして、最後の一人が私。

この日本人グループを相手に、わがテーブル担当の店員さんは非常に陽気でして。
ワインのテイスティングも、教授が「君がやれ」というしぐさをするので、彼は私にワインを注ぎながら「この中であなたが一番えらいみたいだね!」。私がワインをぐびっと飲むと「君ならやれると思ったよ!」。
さすが陽気なアメリカンです。


そんな彼、我々のテーブルに牡蠣を運んでくるときに、こういいました。

「Boys and girl!」

あの、正直言って、このテーブル「少年」とか「少女」と呼べる人はひとりもいないんですけどねー・・・・。
と、いうことを私、ついつい隣に座っていたメンターにいいました。

すると、メンター、
「君はまだgirlでいいんじゃないかな。僕はboyはもうきついけどね(男性陣の中では最も若いのですが)。
 ボーイズじゃなくて、ボーズならわかるけど」


:゙:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ. ゙;`;:



あの、メンターはですね、まだお若いんですけれども、その、頭の方がすこぉーしね、薄いのですよ。
本当に頭の方が寂しい方の自虐ギャグって言うのは、反応に困るものなんですけれども、

「boys」と「ボーズ」のイメージのあまりのギャップっぷりに、そのギャグは私のツボにずっぽしとハマり、しばらく笑い転げ、貴重な生ガキをお口から噴出するところでありました。


とろぉりおいしい牡蠣と、アメリカンなギャグ。
そうしてシアトルの夜は更けていったのでした。








FC2ランキング

ブログランキング



FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 00:53:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。