■プロフィール

山葵豆

Author:山葵豆
元ソウル・シアトル在住。
やっと日本人に戻った、と思ったら
また韓国ソウル在住(3月まで)。
猫の「マイヤ」と二人?暮らし。
おいしいものと布団が大好き。

major-prof
同居人:マイヤ
シアトル生まれのシアトル育ち。
日本に移住してきた。
国境を越える猫。
2008年10月1日が(仮)誕生日。4歳。

プロフィール

instagramのブログパーツで、リアルタイムに山葵がアップしている写真の更新をみることができます。

―ランキング参加中―

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

■カテゴリ
■ブクログ

山葵豆の本棚

■最新記事
■山葵のお友達・お勧めリンク
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ランキング ブログランキング
スポンサー広告 | --:--:--
いくつかの衝撃
なんだかあれこれと忙しくしています。
明日も出かけるつもりだったのですが、さきほどから雹が窓に叩きつけるわ、雷が鳴るわで大変な騒ぎ。明日出かけられないかもしれないので、とりあえず日記更新です。
今日は、いいも悪いもいろんな「びっくり」をお送りします。

・サマータイムの終了
サマータイムっていうの、知識としては知っていましたがいまいち実感わかないもののひとつでした。それが、ですよ。あまり気にしていなかったわけですが、10月末で終了して1時間前に時間が戻ったわけですよ。飛行機で移動したわけでもないのに!

11月の1日は週末でしたし、それに前日久しぶりに遅くまで起きていたので、結構寝坊しちゃったわけですよ。目覚ましを見た後、「あー、寝過ぎたかー」と思いながらパソコンをつけて、シャワーをあびて、ご飯を食べてからふとパソコンの時計をみると、あれ?
起きたはずの時間よりもさらに早い時間ではないですか!!

これね、パソコンくらいの機械になると自動的にサマータイムの終了とともに時計を調整するんですよね。でも、その他目覚ましやらコーヒーメーカーなどはそのままになっていたので、このような錯覚が起きたのでした。なにはともあれ、寝坊したのは寝坊したけど、1時間得したような気分になれたのでした。
・・・まあ、その代わりというかなんというか。これまでは18時だった時間が、17時になるわけです。18時の暗さが、17時にやってくるということです。おかげで、近頃のシアトルは夕方の5時を過ぎると、天気にも寄りますがほとんど夜。日本なんかでいうと、夜の8時頃の暗さになってしまいます。なんかもう。光がほしい。

・緊張の授業
英語がてんでだめな私、ふつうの授業を受けてもさっぱりわからないだろうということで、とりあえず学内や学外で行われる文化授業のようなものに参加することにしました。私がとったのは「ストリートフォトグラフィ」。正直ね、この「ストリートフォトグラフィ」というものがどんなものかも知らなかったのです。写真を撮るのが好きというそれだけで取った授業でした。ストリートっていうくらいだからね、街並みでも撮ればいいんじゃないの、とか思ってたわけですが、これがとんでもない間違いだということが発覚するわけですが。

それはともかく実習だったら、多少英語ができなくても理解できるんじゃないかと思っていたのですが、なんと初の授業はふつうに講義室。クラスは少人数制で、私を含めて生徒は8人。しかもみんな西洋人ー!うう、アジア人的な顔が恋しい。
早めに教室の前に到着した私でしたが、教室の中に入れずに廊下でどきどき、教室に入ってからは生徒たちが談笑したり、同意を求めてきたりすることに内心で「うあああああああやめてくれ!」と叫びながら、それはそれはもう緊張の時間を過ごしたのでした。

講義の内容は、なんかわかるようなわかんないような感じで、理解したと思っている部分に対しても確かめるすべもなく、いやー英語まじ恐ろしい。とはいえ、完全に講義だけではなく、カメラを使ってのいくつかの練習なども楽しく行ったのでした。
そして宿題なんかもでちゃったわけでして、これがね、基本的に建物や風景ばかりとっていた私としてはかなり勉強になりましたね。いままで自分は、建物や風景やモノに写真を「撮らされて」いたんだな、と。土曜日までに写真の宿題があり、英語とか研究とかからは少し離れてはいますが、こういう勉強もいいなということでがんばりたいと決意を新たのしたのでした。

・その写真集の名は
写真とは非常に奥深いものだなぁということで、宿題の写真を撮るにあたって、少し勉強をしておこうと図書館で写真集をいくつか開いてみた私。とにかく手当たり次第にあれこれみていたのです。いやー、ほんっと写真といってもいろんなものがテーマになるのですね。こんなに奥の深いものだということを、今まで気づかずにいたようです。
あれこれとみているうちに、突然、あれこれ丸だし・・・というか、素っ裸の男性二人が絡・・・というか、なんというか、もう!説明させないで!!・・・・という、写真がどどーん。も、もう、丸出しどころか・・・・(/ω\)アーッ!

まぁ、芸術にはこういうのもあるんだろうなぁ・・・・あるのかもしれない・・・・まぁ、他の写真を見よう・・・・とページをめくったのです。


ペラ・・・・・・(;´Д`)


ペラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(;゚Д゚)


ペラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



(;;;:´;ω;`:;;;)


全部そんなんかーーーーい!!!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻


あまりにもあまりというか、なんでそこばっかり撮るの?みたいな写真に少し胸焼けを感じ、私はそっと本を棚に戻したのでした。
(写真集の名前は「Man to Man」でした。恐ろしい写真集です)

・うれしい偶然
アメリカは、聞けば何歳であっても、みためがどうであっても、お酒を買う(飲む)ときは100%、IDを見せないといけないそうです。そこで私の場合はパスポートということになりますが、常にパスポートを持ち歩くのはあまり安全ではありません。ということで、みなさんIDカードというものを作るそうで、ダウンタウンの事務所まで行ってきましてね。
そこは運転免許所を出す事務所もかねているため、すごい人です。外国人もいれば、アメリカ人らしき人もいます。かなり長いこと待って、私の番がやってきました。英語はわかんないけど、もうわかんない英語で話されても、さほどうろたえなくなってきていますからね。うろたえないというだけで、なんの解決にもなっていませんが。

ブースに行って、IDカードを作りたいといったときに「こいつの英語聞きづらいな」みたいな雰囲気を感じはしましたが、平然と必要書類なんかを手渡しまして「とりあえず書類見たら私がなにしたいかわかるでしょ」的な他力本願差を十分に発揮しようと思っていたらですね、私のパスポートをみたその方、
「あ、山葵さんですねー」
といきなり日本語!!そういえばその方、アジア系の顔をしていました。外国人が多いシアトルでは、あちこちでふつうにアジア系の人が働いているのをみるので、アジア人顔だからといって日本語が通じるとは思っていなかったのですね、最近は。
それが、もうふつうに日本語を話してきたかと思うと、今度は私が渡した運転免許所をみて、
「あらー、私も福岡出身なのよ」
びっくりしました。

最初に感じたちょっととげのある感じは消え、手続きをしてもらってる間、福岡の話やら、「あなたやせてるから家にご飯食べにきなさいよ」なんていう世間話まで、楽しく日本語でお話をしたのでした。
そして、よく考えてみれば・・・。普段からふつうに話してるつもりでいたけど、私の現在のこちらでの友達は韓国人ばかりで、ずーっと韓国語で話してたわけですね。日本語でちゃんと話したのは、この偶然呼ばれたブースでたまたま日本人の事務の方と出会ったこのときが、1ヶ月目にして最初だったのでした。

・アメリカ人と知り合う
こちらにきて1ヶ月、教授も韓国人だし、そのTAをしている人も韓国人、在米韓国人の友達のいとこという人が同じ大学にいるので、その子やその友達など、遊んだり酒を飲んだりする友達は少しできたのですが、考えてみるとすべて韓国人、そして男性でした。
そんな中、初めて女の子、そしてアメリカ人と友達になりました。彼女は日本とスペインのハーフらしいのですが、日本人である父親が幼い頃からロンドンに住んでいたらしく、家で日本語を使うことは皆無なのだとか。そのため、日本語は昔少し習ったことがあるというレベルで、ほとんど理解できないよう。

年はかなり下ですが、初めてできたアメリカ人の、そして女の子の友達。私が「あい あむ おれんじじゅーす」レベルの日本的・超がつく文法むちゃくちゃな英語を駆使(?)しつつ会話に励んでいたわけですが、ちょうどそのとき道で会ってしまったのです。
私がショートステイをしていたときに、同じ家にいた韓国人の男の子。「あ、久しぶりーなにしてるのここで?」という短い会話を韓国語で交わしたのですが。

その瞬間。
へたくそながらも英語を考えていた私の頭は、一瞬で韓国語脳に戻り、「(彼と)どこで知り合ったの?」という質問に対する答えが英語ではまったく浮かばず、「ううー、ハングゴ(韓国語)!」という韓国語で答えたのでした。




数日間、不気味に青空を見せていたシアトルの仮初めの天気は終了し、今日は雨がざーざーと降りしきり、さきほどは雹が窓を激しく叩き、雷がビカビカと光っておりました。シアトルの冬が本格的に始まった、のでしょうかねー。


FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 10:53:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。