■プロフィール

山葵豆

Author:山葵豆
元ソウル・シアトル在住。
やっと日本人に戻った、と思ったら
また韓国ソウル在住(3月まで)。
猫の「マイヤ」と二人?暮らし。
おいしいものと布団が大好き。

major-prof
同居人:マイヤ
シアトル生まれのシアトル育ち。
日本に移住してきた。
国境を越える猫。
2008年10月1日が(仮)誕生日。4歳。

プロフィール

instagramのブログパーツで、リアルタイムに山葵がアップしている写真の更新をみることができます。

―ランキング参加中―

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

■カテゴリ
■ブクログ

山葵豆の本棚

■最新記事
■山葵のお友達・お勧めリンク
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ランキング ブログランキング
スポンサー広告 | --:--:--
最高の侮辱
昨日、こちらで知り合った在米韓国人の友人たちと飲みに行ってまいりました。
そのバーは、お店で幾種類ものビールを作っているということで、変わり種の、といってもとっても香りのよいおいしいビールを飲むことができたのでした。種類が多いので、少しずつ味を確かめられるサンプルビールなんかも頼めるんですね。

beer

それがこちら。どれも香りがよく、また個性を持っているのですが、あれこれ飲んでるうちになんだかもうどれでもいいやー!って片っ端からごくごくやってたのは酒好きのサガ。

さて、そんな飲み会参加者の一人はそろそろ結婚するそうでして。
彼は在米韓国人なのですが、お相手の女性は英語教師なんかをしていた日本人女性だそうで、日本に関する興味もなかなかのものがあります。とはいえ、彼女さんとは英語での会話らしく、日本語がどれだけわかるのかは不明なのでありました。

そんな彼に、友達が尋ねます。
「で、普段日本語とか使ったりしないの?」
「基本的には英語で話してるけど、時と場合によっては日本語も・・・」

そこで口ごもる彼。

本当にこれだけの返事だったのですが、その後の沈黙により、なんだか妙な雰囲気が漂うテーブル。・・・・私もちょっと突っ込みたかったのですが、その妙な雰囲気を読み違えていたら大変です。なので、慎重に黙ってビールをごくりと飲み込んだところ、最初に質問した彼が口を開きました。

「・・・エロい状況のとき、ってことか?」

ヽ(ill゚д゚)ノ!!
やはり、言葉では表現されなかった妙な雰囲気を感じたのは私だけではなかったようです。

「あ、あー・・・・まぁ、彼女から日本語教えてもらったりはするけど」
「た、たとえば?」
恐る恐る聞く私。

「『する』とか」
「・・・・・・。な、何を??」
「いや、『する』」

・・・・・・・・。
えーと、その『する』は、あの『する』ですか?

「ほら、男女が・・・・」
やっぱりその『する』ですか _| ̄|○

そんなおバカな会話をしていたところ、その彼は思い出したようにいいました。
「俺、日本語で、すっごい侮辱(スラング)知ってるぜ!」

日本語って比較的スラングが少ないですからね。
バカやあほなんかは、使うことが少ないうえにスラングとしてではなく使われる場合もあるわけで、はてさて、そんなすごいスラングがありましたか。

「これ、男に対して最高の侮辱だって聞いたぜ!」

かなりノリノリである。
「え、えーと、それはどんな・・・・?」
内心ガクブルしながら尋ねる私。


「ふにゃちん野郎!」


彼は得意げに言いました。
なんだかものすごい言葉を期待(?)していた私は、なんだか微妙に和んだのでした。


FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 09:19:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。