■プロフィール

山葵豆

Author:山葵豆
元ソウル・シアトル在住。
やっと日本人に戻った、と思ったら
また韓国ソウル在住(3月まで)。
猫の「マイヤ」と二人?暮らし。
おいしいものと布団が大好き。

major-prof
同居人:マイヤ
シアトル生まれのシアトル育ち。
日本に移住してきた。
国境を越える猫。
2008年10月1日が(仮)誕生日。4歳。

プロフィール

instagramのブログパーツで、リアルタイムに山葵がアップしている写真の更新をみることができます。

―ランキング参加中―

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

■カテゴリ
■ブクログ

山葵豆の本棚

■最新記事
■山葵のお友達・お勧めリンク
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ランキング ブログランキング
スポンサー広告 | --:--:--
狂乱再び
年末は酒の誘惑・・・。
二日酔いにほとんどならない私の身体がありがたい今日この頃。


さて、昨日のこと。
やはり修士のときの母校へと赴いた私。
研究室で懐かしい顔に出会って話したり、ちらちらと本をみたりしていると。案の定声がかかった。

「今日、肉食わせてやるから、6時な!」

いつも顔を合わせるたびに酒を飲ませてくれる(というか、飲ませられるというか)先輩だ。年末だし、そういうこともあるだろうと思っていたので「はーい」と答えておいた。

そして6時。
ある教授のクラスの子たちがみんな集まる飲み会だ、ということを聞かされる。ほかの教授とは今回来てからある程度顔をあわせていたのだが、この教授には挨拶をしていなかった。うはーと思いながら肉屋へ。教授と顔を合わせたら何を言おうかと思っていたが、顔を合わせるなり
「おーう」
といいながらバシーンと背中を叩かれた。痛い。
この人、自分の身長が2メートル近くもある大男だということを忘れとる。

しかしながら、私がこちらに来ているということも話して和気あいあいと肉屋でお食事。私の知っている先輩2人に、教授、そして教授の授業を取っていた修士の学生などで総勢十数名。賑やかに肉を貪る。

・・・と。

案の定、教授が焼酎の杯を渡してきた。

韓国では、相手が自分の焼酎の杯を渡してくると、それを受取り、酒をついでもらって一気に飲み、杯を返す・・・という「儀式」チックな風習がある。(場合によっては、相手に杯を返して酒を注ぐ)

教授につがれた酒を、飲まないわけにはいかない韓国。
仕方なく焼酎の一気飲みをすること2回。

さらにはビールを少し注いだコップの中に焼酎の空の杯を沈め、その杯の中に一人3回ずつ焼酎を注ぎ、次の人に回す。焼酎を注がれた杯をビールの中に沈めてしまった人がその酒(ビール+焼酎)を一気に飲み干す、というゲームが始まり、とても危ないところで2回ともセーフ。
危険すぎる飲み会だ。

そういえばこの教授、私が新入生の時の歓迎会の時から喜々として爆弾酒(ビールに焼酎を混ぜるorビールにウイスキーを混ぜる)をつくって
「新入生はイッキ!」
なんてやっていた教授だった。

・・・・超有名な教授なんだけど、酒の飲み方がなぁ。


久しぶりに、酒をかなりセーブしながら、強制的に飲まされる酒のみに口をつけるという修士時代の飲み方を思い出しつつ、とりあえず肉を口に放り込んでいた。なかなか肉はうまい。
近くの席になった修士の子とも仲良くなり、それなりに楽しくやっていたところで2次会。やはりあるのね、2次会。

次の店は、完全に飲む店でやはりそこでも
「ほら、そっちの席から順番にイッキ!」
みたいなことになっている。

ビールがあまり好きではない私は、一人焼酎を飲んでいたのだが、おかげでまたしても2回焼酎を一気飲みする羽目に陥った。そんなわけで、とりあえず酒、酒、酒の時間を送っていると、突然、ちょっと離れた席の女の子が隣の子に支えられながら立ち上がったかと思うと。


「えろえろえろえろーーーー(吐」


とぶちまけた。
目の前にいた先輩は、
「はっはっは、これがコリアンスタイル!」
と思いっきし余裕だ。
うーん、まぁよくみる光景ではあるのだが。

そのあともトイレにこもる彼女を尻目に飲み続けるも、なんだかだいぶひどい酔い方をしていたようで、帰るに帰れなくなり・・・・。とりあえず、教授やその他の学生を帰して二名の学生と先輩たちだけが残って、

「においはずっと消えないんだから」

とぶつぶつ文句を言う店のおばさんに謝りながら、お掃除。
途中、コップなどが大量に割れたりするハプニングがあり、機嫌がマックスに悪くなったおばさんに、またもや謝りながらみんなでお掃除。

潰れた彼女を、迎えにきた父親に預けたあと。


「・・・飲みなおすか」


と、3次会。
ああ、バスで家に帰れる期限はどんどんと迫り。
私は諦めて、鳥をつつきながらヤケクソに酒を飲んだのであった。
店を出たのは12時半。約6時間の間の飲み食いで、さすがにちょっともう酒はいいや。ほんと。


今日の夕食の約束の時は。
お酒は飲まないことにした。
自分が酔うのも、ひどく酔われることもないようにお酒はほどほどに!


FC2ランキング ブログランキング
おいしい韓国 | 09:20:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。