■プロフィール

山葵豆

Author:山葵豆
元ソウル・シアトル在住。
やっと日本人に戻った、と思ったら
また韓国ソウル在住(3月まで)。
猫の「マイヤ」と二人?暮らし。
おいしいものと布団が大好き。

major-prof
同居人:マイヤ
シアトル生まれのシアトル育ち。
日本に移住してきた。
国境を越える猫。
2008年10月1日が(仮)誕生日。4歳。

プロフィール

instagramのブログパーツで、リアルタイムに山葵がアップしている写真の更新をみることができます。

―ランキング参加中―

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

■カテゴリ
■ブクログ

山葵豆の本棚

■最新記事
■山葵のお友達・お勧めリンク
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ランキング ブログランキング
スポンサー広告 | --:--:--
だめな日もあるさ
ちょっとここのところ疲れてます。

coffeesheep
疲れが取れないわね・・・(マイヤさんによる再現)

まぁ、マイヤさんは一日中寝てるから疲れが取れるも取れないもないですけどね。
・・・まだ若いですしね(キィィ


しかし、新たな気持ちで三月を迎えられるよう二月最後の日でしかも日曜日の今日、ちょっとまったりしようと思って久しぶりにワインを買ってきました。しかも、私がこれまで自分で買ったワインの中では一番高いお値段!(とはいっても1200円程度ですが)。
私は本来、ウイスキーが好きなのですが、アメリカってスーパーで買えるお酒はビールとワインのみ。その他、リキュールの類はすべて専門店に行かなければ買えないのですよね。残念ながらお酒の専門店は、私の家から歩いていけるような場所にはなく、めったにウイスキーなど買えません。スーパーでワインを買ってもいいのですが、ワインはすぐに飲んでしまわなければならないことを考えるとあまり経済的ではないのが問題。

でも、たまにはね・・・とワインを買って。
他にも今日は家事に力を入れまして、食材やら柔軟剤やらをたっぷり買って、よいこらえいこら帰ってきて、さてマンションに入ろうと鍵を取りだそうとした瞬間。


ガシャーン


・・・・ってなわけでこんなありさまですよ。
coffeesheep
なにがどうだって?
ほら、アルミホイルじゃないですか・・・

ほら。
coffeesheep
危ない・・・・

両手に重い荷物をぶら下げつつ、慌てて拾ったら、ビニール袋にもあちこち穴があいてしまって、袋からぴゅーぴゅーと噴き出すワイン・・・・。それでも必死で持ち帰ったら、かろうじて半分くらい残ってました、ワイン。


ちょっぴり悲しい気分を味わいながら、割れた瓶からワインをついで飲む日曜の夜、なのでした。







FC2ランキング

ブログランキング


スポンサーサイト
FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 23:50:02 | Trackback(0) | Comments(0)
マイヤさんの抱き枕
完全にマイヤさんの寝床となり、念願のソファをゲットしたのにほとんど使えない山葵豆。
ですが、ソファーで両手を投げ出して寝るマイヤさんを見るたびに、萌えて萌えて幸せになってしまいます。

coffeesheep
いつもは緑のひざかけをひいていたのですが、洗濯中にも寝転べるように新しいひざかけを新調。
この上で寝ているマイヤさんを眺めるのだ最近の私の趣味。


それがですね、今日起きてきて着替えながら寝室のドアをあけると、いつもソファの上で伸びをしてから降りてくるマイヤさんが、すでに床の上でごろんと横になり、仰向けになった状態で「あ、起きたの?」と迎えてくれました。
そしてふとソファをみると、ひざかけがぐっちゃぐっちゃにされてます。
今までそんなことしたことないのになぁ、と見てみると・・・・その中には、大量にゲボった毛玉が。
マイヤさん・・・。それ、隠したかったのね・・・?

すぐに毛玉を処理して、綺麗に拭いて、それから綺麗な面を上にしてひきなおした、のですが。
結構神経質なマイヤさん、今日はもうソファに乗りたくないようです。もぅ。
んで、結局こうなるわけです。

coffeesheep
デスクの上で、下僕の腕を抱き枕にするマイヤさん。


あの、このカッコかなり無茶なんですけど・・・。
しかもこのカッコで写真を撮ろうとして首がつるかと思いましたよ。
それに、片腕がまったく使えないので変なカッコで片手でこのブログを書く羽目になってしまいました。


ですが。
coffeesheep
むふぅ~ん

ま、可愛いからいいかヽ(´ー`)ノ







FC2ランキング

ブログランキング


FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 02:03:09 | Trackback(0) | Comments(0)
英語で言ってみよう!
先日、スーパーに行ってレジで並んでいたら、店員さんが寄ってきてですね、
「自分でレジ通しませんかー?」
ですって。

アメリカの大きなスーパーには、日本と同じように店員さんがいるレジのほかに、
客が自分でピッととおして、自分でお金を払うというレジがありまして。
このタイプのレジは、こちらではIKEAでもありましたので、もしかしたら日本にもあるのかもしれませんが。

英語もできない私が、いきなりやり方のわからないことに挑戦しておろおろする・・・・のはいただけません。
ですから、これまで使ったことはなかったんですけどもね、
レジにはたくさん人が並んでますし、店員さんが「初めてなら教えてあげます!」ですって。

ピッと通すのは、それこそIKEAでやったことがありました。
そちらは問題がないのですが、スーパーには野菜なんかも売っているわけです。
バーコードついてません。

「これどうするの?」
と、店員さんに言うと「ここから、野菜の名前を入れれば・・・・」

私が持っていたのは「白菜」。
そういえば、日本で「白菜」の英語って習いました???

私の知っている野菜の名前は、せいぜいカレーに入るような野菜くらいです。
白菜・・・・?
混乱する私の横で、店員のおねぇさんはさっさと野菜の名前を入れる画面を出し、言いました。


「この野菜はNAPPAでしょ、だからNを押せば、ほら」


NAPPA?
ナッパ?
菜っ葉?

なんですか、その適当な名前は。


アメリカのスーパーにはたくさんの野菜が並んでいまして、私はよく野菜を買います。
しかし、野菜の名前を英語で知っていなければ買えないレジは、まだまだ私には難しそうです。


coffeesheep








FC2ランキング

ブログランキング


FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 00:12:27 | Trackback(0) | Comments(2)
トマトとキャベツのご飯
我が家にはトマト缶が常備されています。

スープものが好きな私が、よくトマト入りのミネストローネを作るからなのですが。
猫ご飯にトマトを入れてもいいという情報をゲット。さっそく試してみましたよ!!


トマトとキャベツのご飯
・さつまいも少し
・キャベツの葉 2枚
・トマト缶 大さじ1
・卵の黄身
・鶏のささみ 2切れ
・オイル 大さじ1

サツマイモとキャベツはよく茹でてフードプロセッサーへ。
今回は(面倒くさくて)卵の白身を茹でる時間がなかったので、黄身だけを使用(白身を生で与えるのはダメなようです)。これらをすべてフードプロセッサーに詰め込んで、じゅばーっと潰してしまいました。できたディップは、心持ちプルプルな固さを持っていました。ここにオイルを加えます。
すでにこのディップには生の鶏のささみが入っているのですが、一応肉食なマイヤさんのためにターキーのミンチと合わせて、カリカリと添えてみました。

coffeesheep
今回のディップは、いつもよりも少し赤みがかった色。

生肉も入っているディップは、生肉好きなマイヤさんにとっても好評。
ディップだけでもぺろぺろ食べちゃいますし、キッチンから戻ってきた後も、いつもよりも多めにペロペロペロペロして味わっちゃいますよ!!!

coffeesheep
座るのも忘れてむぐむぐするマイヤさん。


なかなかに好評です。
それに、常に家にある食材で作れるというのは大きな強みですねー。

少しずつ、いろんな食材にチャレンジすることでマイヤさんの好みを把握できるような気がします。
今のところ、
・じゃがいも
・さつまいも
・キャベツ
・トマト
・青梗菜
・リンゴ
・生肉
は、オッケー。

反対に、
・茹でた肉
・セロリ
・いりこ
は、NGのようです。

猫ご飯の旅は長く険しい・・・・。








FC2ランキング

ブログランキング


FC2ランキング ブログランキング
愛love猫ご飯 | 23:12:42 | Trackback(0) | Comments(0)
新しい仲間
ここのところしばらくね、悩んで、悩んで、悩みまくってたんです。

今、アメリカで使っているノートパソコンがですね。
まだ新しいんですけど、どんどん処理が遅くなって発熱してね。
あちこちでちっちゃい問題が起き出したものだから、新しいパソコンを買うべきかなぁ、という悩み。
そしてさらに、「Windowsで起こるすべての問題は、Macで解消する」なんて言う人がいまして。
シアトルは、それこそマイクロソフトのおひざ元。
ビル・ゲイツさんの家(というか島、だという噂)もお近くにあるという話なのに、Mac。
今まで使ったこともないMac。

半月くらい悩みすぎて、他のことが手につかなくなりました。
これが恋・・・・!

恋の病に冒されて、ついにやっちゃいました。
coffeesheep
どぉーん☆

かっ・・・・ちゃ・・・・・った・・・・・・・・!!!!

もうね、ブログが更新されなかった間何をしていたかというと、全然使い方わからないMacを大切に膝の上に乗せては、「ハァー、素敵だぉー、ハァー」と撫で撫で撫で撫でですよ!!!!
そして、やっと3日がたち写真編集のソフトやウィンドウズも入れちゃったりなんかして使いやすい環境が整い始めてきたかな、というところ。今後は、頑張って素敵な写真を撮れるように頑張ってみて、それからMacで写真をいぢる勉強をして・・・・あーっ、私ってなんてあーちすとっ!という気分に浸りたいと思います。


そんな、今後の相棒、「メリィさん」と名付けさせていただきましたッ!
「メリィさん」は、こちらに登場する旅行代理店のお方。
りんご畑の特別列車 (講談社青い鳥文庫)りんご畑の特別列車 (講談社青い鳥文庫)
(1999/04/15)
柏葉 幸子

商品詳細を見る

私の大、大、大好きな本なのですよ。

メリィさんを通じて、素敵な世界への切符を手に入れられますように。







FC2ランキング

ブログランキング



FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 02:06:00 | Trackback(0) | Comments(0)
変わり身の術
マイヤさんは枕を使用して寝るのがお好き。

なかでも、下僕たる山葵豆の腕枕が大好きです。
coffeesheep
ごくらくごくらく。

きっと、「ご奉仕させてる感」がよいのでしょう。

そして、私の腕もマイヤさんのふかんふかんな胸毛を存分に味わえるので、とっても幸せ。
そしてありがたき仕合せなのですが・・・。

まぁ、たまに、人間の都合ってやつでして、大人しく枕になっているわけにもいかないことがあります。
でも、マイヤさんは枕が必要そうだし・・・・腕を抜いたら起きちゃいそうだし、できるだけ起こさずに、手を抜きそして枕を提供してあげたい。そして周りを見渡すと、手が届く範囲にあるのはもちろん私の好きな文具、文具、文具。

手をそっと抜き、そっと差し込むッ!

coffeesheep
くう。

寝てます、寝てます、まだ寝てます!!
こうして変わり身の術は成功した・・・のですが、しばらくすると
なにこれかたい
と、憮然として目をお覚ましになられたのでありました。

こちらのSTABILOの20色ペン(細)と、STAEDTLERの太めのフェルトペンは私のお勉強道具の中でもかなり重要なペンでして、大きめのスケッチブックに「今月やること」を書きだしたり、マインドマップを書いてみるときに使ったりと、なにかとあちこちで使っています。手帳にちょっとイラストを描いたときなど、これで色と付けたりもね。

色を使うと、なんだか少し頭が整理されるような気もします。
「三色手帳術」のようなものもありますが、私はこのペンでいつか「二十色勉強術」を確立・・・・・



しなさそうな気がします(笑)

coffeesheep
だめな人・・・・(腕貸しなさいよ








FC2ランキング

ブログランキング



FC2ランキング ブログランキング
文房具・ガジェット愛 | 22:51:35 | Trackback(0) | Comments(8)
マイヤさんの受難
金曜日。

今日は、お出かけするという用事もなかったので、しばらく放置してたお部屋のお掃除!
掃除機をかけ、トイレを磨き、キッチンを磨き、洗濯をし、そして食材の買い出しに行って。
そして。


ついでにマイヤさんも大掃除☆


マイヤさん、自分に大きな苦難が待ち受けているとは知らずに、のんきな顔でごろごろしておりました。
そこにそっと近づいてですね。
私、マイヤさんに囁きました。


マイヤさぁーーーん、お風呂の時間ですよぉーーーー(ニヤリ


そして、お水にじゃぶんとつけられてしまうマイヤさん。
完全に部屋の中で生活するマイヤさんといえど、我が家は全面カーペットですし、ダニやらがいないとは限りませんし、毛をたくさん取る意味でもたまのお風呂はマイヤさんのお仕事。

いつもは暴れん坊なマイヤさんも、お水につかると恐怖で声がでなくってへっぴり腰に。
かわいそう、かわいそうねぇ、マイヤさん(くすくす

お水でじゃぶじゃぶ洗って、
それからシャンプーをして・・・。

ちょっとちょっと、そこ行く水も滴るお嬢さんっ。
coffeesheep
あわわわわわわ

coffeesheep
出口、出口はどこ・・・・・


しっかり洗ったあと、怒って「ミー!」と叫ぶマイヤさんをタオルで拭き拭き、それからドライヤーでぶぅんとしたのですが、マイヤさんの我慢が限界になったのでお部屋に解放。自分で舐め舐めしてもらうことになったのでした。

しっとり猫の出来上がりです(*´ω`*)


こうしてマイヤさんの受難の時間は終わり、ふっかりさらさらになったマイヤさんは、ご飯の時間になるのをまったりと待つのでありました。







FC2ランキング

ブログランキング



FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 22:41:48 | Trackback(0) | Comments(2)
猫の内側
私が一番好きな猫の角度は、ズバリ内側。

お腹の方の毛のほうがもっさりしてるし、お腹のお肉とか超!柔らかいし、お腹ぷにってさわるとマイヤさん、

「むふーん」

なんて息するし・・・・。かわゆいっ(*´ω`*)


なので、マイヤさんをしょっちゅうひっくり返したくなるのですが、ここで問題が。
私、なぜかマイヤさんを叱るときもひっくり返しちゃうんですね。
んで、内側からみたマイヤさんのかわゆさに萌え萌えになっちゃって、ついつい叱ってることも忘れてお腹の毛に顔をもふんっ

マイヤさんからすれば、叱られようが、叱られまいが、ひっくり返されること自体が不満。

coffeesheep
かわゆいお顔とかわゆい肉球が同時にみれちゃう素敵な角度☆


coffeesheep
フゥ。猫も楽じゃないのよ。

マイヤさぁぁぁんっ。
かわゆいっ、か、か、か、かわゆいよぉぉぉぉぉぉぉん(もふもふもふ



coffeesheep
・・・・・・ハァ。









FC2ランキング

ブログランキング


FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 00:30:03 | Trackback(0) | Comments(0)
リンゴ入りご飯
前回作ったお野菜のディップがなくなったところでして、今日新しくマイヤさんのご飯を作ってみましたよ。

量が微妙で、使えずにいた青梗菜があったので青梗菜を利用したご飯です。
coffeesheep
今回の材料は、
・さつまいも ほんの少し
・ジャガイモ 小1
・青梗菜
・リンゴ 半分
・卵 2つ(白身は取り分けて加熱)
・オリーブオイル 大さじ1

青梗菜とリンゴの組合せに、なんだかピンとくるものがありましてね。
買ったばっかりだったリンゴを一緒に入れてみました。おいしさプラスです。
ちなみに半分は、マイヤさんのご飯を作りながら山葵がもぐもぐ食べました(笑)

いつも通り、芋が柔らかくなるまで茹でたあと、青梗菜をさっと茹で、加熱した白身などもぜーんぶ一緒にフードプロセッサに突っ込んでしまうという簡単ご飯。やっぱりさつまいもが強いんですかね、今回もオレンジ色のディップ。

coffeesheep
できあがり☆

しかし、料理過程は簡単でもマイヤさんによる厳しい味見チェックが入ります。

coffeesheep
ペロペロ・・・・ふむふむふむ。

こうして厳しいチェックを乗り越えたお野菜ディップは、今回はターキーの生肉と和えてお出し致しました。

coffeesheep
ターキー生肉の青梗菜とリンゴのディップ和えカリカリ添え。

そんなわけで、でき上がったご飯ですがマイヤさんの反応は。

coffeesheep
なかなかデス。







FC2ランキング

ブログランキング


FC2ランキング ブログランキング
愛love猫ご飯 | 23:44:01 | Trackback(0) | Comments(0)
珈琲を焙煎しているお店
このブログの名前にふさわしい?記事をひとつ。

以前も一度ご紹介しましたが、コーヒー豆の焙煎からしているお店「STUMPTOWN COFFEE」に行ってきました。
お店のサイトはこちら

以前行ったときは、PINE通りにあるお店に行ったのです。
そこは、普通のカフェという感じだったんですけれども。
先日は、私の記憶通りにこの店に行こうとしたら、いつまでたってもたどり着かない。なぜだ?とiPodで野良電波を捕まえ、お店を検索してみたところだいぶはなれた所を指示されまして。「あれぇ、そんなとこじゃないはずだけどなぁ」とこの季節、汗をかきながらいっぱい歩いて到着したところは。
coffeesheep
12番通りのSTUMPTOWN COFFEEでした。

coffeesheep
ちょっと暗いですが、外から見るとこんな感じ。

お店が非常に縦長でしてね、狭いなー、席ないなーと思いながら入店したんですけれども、この店、地下へと続く階段がありまして・・・・。その地下では、客席が数席、そしてすぐ近くでコーヒー豆をロースト中!!!

coffeesheep
絶賛焙煎中!!

もうね、部屋にはなんだか香ばしくてあまぁい香りが充満していましてね。
知らず知らずものすごく興奮してしまいました。
何度か近付いて写真を撮らせていただきましたが、お店の人も「Hi」などと声をかけていただき、とっても素敵な雰囲気。

地下はこんなものがいっぱい並んでる珈琲天国!
coffeesheep
これが焙煎機。

coffeesheep
家に一つほしいですねw

coffeesheep
焙煎したてのほっかほかの豆!!!


私ね、読まないといけないものを持っていってたんですけども、その地下の様子があまりにも素敵で、興奮しちゃってフンッフンッと鼻息も荒く、お店を見渡してばかりいました。

私のラテ。
coffeesheep
さ、いっぷくいっぷく☆


こちらのお店、世界的にも有名な珈琲屋さんということで、日本で珈琲屋さんをしている友人に「勉強用」の珈琲豆を送るよう頼まれていましてね。山のように、珈琲豆をレジに持って行きましたところ、

「えっ、こんなに?」

と、さすがにびっくりされました。
だって両手で抱えても抱えきれなかったからね!!!

それでもしっかり自分用の珈琲豆も買っちゃいました。
coffeesheep
この右側の瓶詰め珈琲豆はですね、アニバーサリーブレンドということで、とっても興味を引くではないですか。しかも素敵な瓶・・・・!!!

実は今この記事も、このアニバーサリーブレンドを飲みながら書いてるんですが、一口飲んだ時に「ふふふっ」って笑いが出ちゃいました。「熟したベリー、甘いシトラス、キャラメル」の味と説明がありますが、本当にね、甘味さえ感じさせる香ばしい香り、飲むと意外とあっさりとしていて、酸味は少なく舌に感じるのは甘味。
私は冷めてしまうと味がひどく劣化する珈琲が好きではないのですが、この珈琲豆は冷めればむしろ甘味が増すという奇跡的なおいしさ!!
香ばしい香りをさせながら、珈琲豆の詰まった紙袋をえっちらおっちら持ち帰ったかいがあったというものです!
シアトルにて、私の珈琲豆の冒険はまだまだ、続きます。


お店の詳細はこちら。
Hours
6 am-10 pm
Monday through Friday
7 am-10 pm
Saturday and Sunday
Phone
206-323-1544
Address
1115 12th Avenue
Seattle, WA 98122




このお店の珈琲豆も取り寄せて勉強する、勉強熱心な珈琲屋さんのサイトはこちら。

とうふカフェ・ホールビーンストア

こちらの珈琲も、香りと味がとっても立体的でふっくらした味。
おいしい上に飲みやすい、素敵な珈琲豆を扱っておられます。
機会がありましたら、是非。









FC2ランキング

ブログランキング



FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 23:58:40 | Trackback(0) | Comments(0)
お勧めサボテンレシピ
以前、ちらっと書きました「うちわサボテン」の料理。

「ステーキ」として単体で食べるのは非常にリスクの高い素材だな、と思いましてね。
前回、卵とじのようにして食べたサボテンの残りをスープにすることにしました。
サボテン入りのミネストローネです。

作り方は普通のミネストローネと一緒。
私のミネストローネは、冷蔵庫に合った野菜をなんでもかんでも突っ込んじゃいました。

サボテン入りミネストローネ(4食分)
・じゃがいも 1つ
・ニンジン 少し
・青梗菜 少し
・ほうれん草 少し
・サボテン 半分
・スパム 3分の1
・トマト缶 半分
・短いパスタ(スパゲティを折ってもよい)
・コンソメキューブ 1つ
・塩コショウ 少々
・醤油 少々
・水 400ccほど

ミネストローネというものは、冷蔵庫にある野菜を何でも入れちゃえるのが魅力ですね。
ただし、ほうれん草のように灰汁のあるものは一度茹でてざっと洗っておくこと。
野菜をじーっくりと炒めて、野菜の味を引き出したところでお水、トマト、コンソメキューブを入れてことことと煮ます。
サボテンはそのあとに入れたのですが、いきなりサボテンの青くさいにおいがもわっと立ち込め、「うわ、これは失敗かっ!?」と思ったのですが。

できたミネストローネを食べてみると、サボテンの青臭さはトマトでかき消され、反対にサボテンのもつとろみがスープをいい感じにとろとろにしており、またぷちっとした独特の歯ごたえがうまい!かなり成功だと思います。


coffeesheep
ちょっと色の悪い感じの緑色がサボテン。

今後、ミネストローネにはサボテンを入れなければ!
と、思わせる出来だったのでありました(笑)








FC2ランキング

ブログランキング



FC2ランキング ブログランキング
おうちでご飯 | 22:39:52 | Trackback(0) | Comments(0)
バンクーバーへの小旅行(3)
チャイナタウンを出て、街を車で流しながら見学。
ただ、さほど見るところもなさげなので(失礼!)、もう一か所お勧めされた「ガスタウン(Gastown)」へ。

ガスタウンはちょっとオシャレな街。
coffeesheep
ガスタウンの名前の由来になった人。

「一時間、パーキング無料でできるって書いてある・・・・んじゃない?」
あまりアメリカ・カナダの車の標識がよくわかっていない二人。
他にも車がずらりと駐車されていることですし、「たぶん、大丈夫、大丈夫!」と元気に駐車。

そしてガスタウンの通りを見て回ります。
coffeesheep
ガスタウンは石畳の素敵にオシャレな通り。

お土産用の店もたくさん並びます。
そして、今の「流行り」といえば、もちろん・・・昨日始まったばかりの「バンクーバーオリンピック」!!
お土産屋さんに並ぶのは、大量のオリンピックグッズ・・・・!!!
coffeesheep
主人公格(?)のオリンピックキャラクターは3体(という数え方でいいのか)いるようなのですが、これが何をモチーフにしているのかわからない。1体は「熊っぽいよね」。他の2体は本当に意味不明。なんだろ、なんだろ、と頭をひねる私にT氏が言い放ちました。

「森の妖精とかでいいんじゃない」

森のwww妖精wwww
ありがちです。
というか、違うキャラクターが思い浮かびましたけどね。

実際のところ、この3体のマスコットは、
①オルカ(=シャチ)と白熊を基にした「Miga(ミーガ)」
②北米ロッキー山脈で目撃される未確認動物サスクワッチ(=ビッグフット、先住民の言葉で「毛深い巨人」の意味)の「Quatchi(クワッチ)」
③サンダーバード(北米先住民の伝説や神話に登場する想像上の鳥)の羽と熊の足を持ち、オルカの帽子をかぶった「Sumi(スーミ)」
だということです。ここ、試験に出るからね!!!

あまりにオリンピックグッズとメープルコーヒーやメープルティーばかり売ってるので(実は昔、カナダ在住の友人にこれらをもらって地獄を見たことがあります)、他にみるものもなくガイドブックを眺めていると、

「蒸気時計っていうのがあるらしい!!」

ガスタウンの蒸気時計は、観光ポイントのようです。
んじゃー、そこをみていこうと時計を探し当てると(時計の上から湯気が上がっていました)、15分おきに蒸気を吹き上げるという蒸気時計のショータイムが数分後に迫っていました。

coffeesheep
観光客らしく写真撮影。

そして時間になって。
coffeesheep
ポーッポーッポーッポー ポーッポーッポーッポッーポーッ

にわかに激しく蒸気を噴き出す時計。
そしてその音楽は・・・音楽というか、それは、我々が学校でいやというほど聞くあのチャイムですよ。
・・・・・。
え。
これだけ。

蒸気が止まると、すぐに時計から離れる観光客たち。うん、そうだよね。
我々も「なんだよ、あれー」とぶつくさ言いながら車に戻ることにしたのでした。
そして事件は起こりました。
車に戻ってきた私たちは、車の窓にのっかっていた「違反チケット」を目にしたのでした_| ̄|○

我々が車を止めた場所は、(たぶん)一時間のパーキングが許されている場所ではあったのです。なぜならその他の車は違反チケットを切られていなかったのです。ただ、問題はその看板が示す場所からたった一台分、はみ出していたのですね。ってことで「停めてはいけない場所に駐車した」ということで、$50の罰金ですよ。ふぁーっく!!

「このままアメリカに帰ったら逃亡できる?」
「それにこの車、借りた車だしねぇ・・・」
などと悪いことを相談しながら、次の場所に向かったのでした。

余談ですが、その途中、道路を走っているときに警官が突然横から走りでてきたことがありました。
なにかと思えば、我々の前を走っていた車がスピード違反かなにかで制止させられそうになったのを、ものすごいスピードで振り切り逃げていくのを警官がダメもとで走って追いかける、というシーンだったのでした。
カナダ人怖い。
それを目撃した私たちは、「駐車違反とかちっちゃいちっちゃい!」と安心?したりしたのでした。
(罰金はネットで払えるようになってたので、あとからちゃんと払ったのですよw)

そんなことがあってから、余計に車をとめるのが恐ろしくなってしまった私たちは、そのあとキツラノ(Kituilano)をほんの少し散策したあと、東アジアの研究所があるというブリティッシュコロンビア大学を見学し(まぁ、なんて研究熱心なの!)、また海を眺めたりしながらアメリカへの帰途へ着いたのでした。
ちなみにこの海が見える場所にはですね、とってもとっても素敵な家がたくさんならんでいたのです!
まるでおとぎ話に出てくるような素敵な家もありましてね、私はバンクーバーの街よりもこの周辺の家をもう一度見学に来たいと思うほどに素敵でした・・・!!!景色もいいだろうなぁ・・・・(><)

お腹がすいてしまった私は、助手席でビーフジャーキー(半分残しておいたもの)を貪り食い、T氏は家から持ってきたバナナ(車の中の温度で腐敗へと一歩足を踏み出したバナナ)を、「再入国のときに、植物はだめ!って廃棄されるかも」と言い出して、車でもぐもぐ。
バナナの香りで充満した車は、バンクーバーを南下、アジア人街のあるリッチモンド(Richmond)へ。ここで、昼間から私が叫んでいた「中華粥ー!」を食べることに成功。中国らしく、部屋にぎっしりと詰め込まれたデーブルと椅子。妙に人口密度の高いレストランでしたが、なかなかレベルの高い中華料理でした。しかも量が多く、これを箱に詰めてもらって持ち帰りつつも「・・・・これ持って再入国できるの?」というほんの少しの疑惑。

時刻はすでに8時を過ぎていました。
「なんか面白話をしてくださいよ」
という私の催促が流されたのも何度目でしょうか。オリンピックの会場を横目に見ながら(ブレすぎて写真撮影は失敗)、アメリカとの国境へ向かいます。夜になると、電灯もほとんどない道をひたすら、ひたすら南下です。
アメリカもカナダも、本当に何時間も大きなカーブもなく走り続けられることを考えると、「本当に広いんだなぁ」と感心してしまいます。

国境が見えてきました。
我々は再入国前に免税店を見学。T氏はカナダの有名なワインだという「アイスワイン」、私は「カナディアン・クラブ」というウイスキーを購入しましてね。
レジでお金を払おうとした時、この旅行でもっとも「英語ができない(凹)」と感じさせられる羽目になりました。
手続き上必要なのでしょうか、
「あなたたちの車の鍵を貸して」と言われた後、今度は、
「プレートはワシントン州のものよね?」と確認されたのでした。
車で行き来できる距離にあるのは、シアトルのある「ワシントン州」なのでそう聞いたのでしょうが、私たちが借りた車のプレートはなぜか「ネバダ州」のものでしてね。
「いえ、ネバダです」
と、言った私に向かってレジのおねぇさんは怪訝な顔をしました。
「え?」
横からT氏もいいます。「ネバダです」
私も繰り返します。「ネバダ・・・・」

するとしばらくしておねぇさんは、にっこり笑って言いました。
「ああ、ねぇヴァだぁ!」

ねぇヴァだぁ _| ̄|○



ネバダの発音ですっかり意気消沈した私達が向かったのが、小旅行の最後の難関、「アメリカへの再入国」。
車を止めると、カバン以外はすべて置いたまま車を明け渡し、手続きの建物に入ります。
この建物、カナダに入国するときの建物の新しさと解放感と比べると、狭く天井も低く係官も腰に銃など持っていて物々しい雰囲気です。列の一番目に並んだ私たちの後ろに、家族連れが並びましたが係官は彼らに「後ろの椅子に座っていてくれ」と指示。
手続きする窓口は数か所ありますし、入国を待つのはこの2グループのみなのですが、なかなか手続きをはじめようとはしてくれません。「なんで私たちだけ立たされてるの・・・?」と私たちもベンチで座って待とうとしたところ、
「君達が座るのは感心できないな」
というような言い回しで注意されましてね。
えー・・・と。いぢめですか?

かなり待たされた挙句に、怖いおっちゃんが我々を窓口に手招きしました。
「どこからきたの?」
「し、シアトルです・・・・」
「え?」
「あ・・・・あっ、日本、日本からです」
(パスポート渡してるのにそれを聞かれると思わなかった)
すると、横に座っていた係官が「もう一度!」という声を出し、それにビビった(?)T氏は
ジャパン!
と返事。
ただ、その「もう一度」は係官が違う係官に向かって言った言葉だったのですね。
微妙な笑いが広がる窓口。

「仕事はなんだ?」
「学生です」
「(T氏をみながら)君も?」
「研究者です」
「二人はどんな関係だ?」
「日本で同じ大学で・・・」

弾丸のように質問が繰り出され、英語のできない私たちは汗をかきながら必死で弁明(?)します。
手続きに本当に必要なんか?と思われるようなことまで続けざまに聞かれたあげく、彼はにやっと笑って言いました。
「で、今度のイチローの調子はどうだ?」
し、しりません・・・・
「私はね、沖縄の基地に3年間勤務してたんだよ」

ちょっと怖い印象だったアメリカ再入国の係官でしたが、最後は笑顔でポンポンとハンコを押してくれたのでした。


そうして。
私たちのバンクーバーへの小旅行は終わり・・・・。
とはいっても、国境からシアトルまで戻る2時間ほどの間中、T氏のモンゴルやチベットでのもっと恐ろしい旅行の話や、その地域の宗教の話などを聞きながら・・・マイヤさんの待つ家に戻ってきたのでした。


我が家に来て最も長い時間留守番をさせられていたマイヤさんは、心配げに玄関のドアぎりぎりのところにちょこんと座ってお出迎え。私たちは16時間ぶりの再会を喜んだのでした。

coffeesheep
ご飯食いっぱぐれるかと思ったのよ・・・。
お土産(?)の紙袋の中でごろごろするマイヤさん。








FC2ランキング

ブログランキング

とっても長い旅行記を読んでくださってありがとでしたヽ(´ー`)ノ

FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 00:07:12 | Trackback(0) | Comments(0)
バンクーバーへの小旅行(2)
「英語できなくても国境越えられるねぇ!」

と、調子に乗りながらカナダへと乗り込んだ二人。
coffeesheep
カナダに入ってもまだまだ空は曇り空。

国境からさらに約1時間。
どんどん北上して、バンクーバーへ突入。まずはお勧めされていた「グランビル・アイランド(Granville Island)」へ。車だとあっという間に一周してしまうとても小さな島です。
coffeesheep
島からはバンクーバーのアパートが一望できます。
西洋というよりも、アジア的な乱雑さのあるアパート群。結構好きです、こういう感じ。

島の中をぐるりと歩いてみるものの、美術館やクラフトのお店などがずらりと並び、「ご飯食べるところない・・・?」とうろうろしたあげく、実は車を停めたすぐ前の市場の中にすべて入っていたという。

coffeesheep
色とりどりの野菜。
coffeesheep
いろんなパン。
ちなみに昼ご飯はサンドイッチにしたのですが、「どのパンで挟む?」とあまりに多い種類のパンを見せられて「なにがなんなの・・・・」と混乱してしまったのでした。
coffeesheep
お肉やお魚、ジャムや紅茶、お菓子やおかず的なものまでそろっていました。
とっても素敵にオシャレな市場です。

ここで腹ごしらえをし、メープルシロップなどを購入したあと移動。
いよいよダウンタウンへと進みます。


が、まぁ、なんといいますか、「あんまりアメリカと変わらんねぇ・・・」といったイメージ。
さほど車から出ることもなく(停めるところもあまりないですしね!)、街はほぼ素通りして、世界で二番目に大きいというチャイナタウンがバンクーバーにあるということで、チャイナタウンへ・・・・。

coffeesheep
チャイナタウン入口。

なんだか閑散としたチャイナタウンです。
中国関係の研究者であるT氏によれば、日本の中華街のように繁栄しているチャイナタウンの方が例外なのだそうな。
チャイナタウンを歩く人は80%がアジア人(たぶん中国人)で、しかも中国語を話せるT氏と一緒にいる私は、すっかり中国人と間違われ、お店の人に何度中国語で話しかけられたことか。

・・・大学時代、第二外国語として中国語を選択していた私は華麗に・・・・華麗に、その中国語に、
「あ、あはは・・・・」
というあいまいな笑顔で答えましたとも!!!!

coffeesheep
バンクーバーのチャイナタウンの中にある、「世界でもっとも幅の狭い建物」(ギネス認定)。
確かに、大人が一歩大きく踏み出せば壁にぶち当たるような狭さの建物ですが、別に誰も住んだり店を出したりはしてませんでした。


昼ご飯を食べたばかりだというのに、すでにお腹がすいてしまった私は「中華粥ー!中華粥ー!」と騒いだのですが、粥の店はなく。しかたなく、お店を冷やかして歩いたり、買おうと思っていた「辣腐乳」を見つけて購入したり、ふらふらと中華街をさまよったのでした。


続く








FC2ランキング

ブログランキング



FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 21:50:08 | Trackback(0) | Comments(0)
Boys and girls
私、お魚はさほど好きじゃないのですが(肉食!)、海産物が大好きでして。

特に生牡蠣は大好物!なのです。
シアトルは海と湖に囲まれた土地で、アメリカでも屈指の「海産物がおいしい街」。
「生牡蠣食べたい!生牡蠣食べたい!」
と、車を持っている友人にアピールしてきたものの、彼らにとって生牡蠣はさほど魅力的ではないらしく、これまで食べる機会に恵まれませんでした。

が、つい先日ですね、光栄なことに(自分でお金を出さずに)牡蠣を食べられる機会に恵まれました!
(しかし、残念ながらそんなことになると思ってなかったのでカメラを持っていきませんでした_| ̄|○)

しかも、高級ホテルに入っている超高級そうなレストラン!!!


牡蠣の種類もたくさんありましてね。
「大きいのか小さいの」
「甘味のあるものか、塩っぽいのか」
などなど、選ぶ基準があるんです。素敵ー!

私は調子に乗って、数種類の牡蠣を食べてご満悦。めっちゃおいしいの!!
しかも、おっきな牡蠣の入ったスープも注文して、もぉーとろけちゃうー(*´ω`*)

我々は4人だったんですけどね、一人は日本の教授、一人は大学の事務員、そしてもう一人は私のメンターで、全員ある程度大人の男性。そして、最後の一人が私。

この日本人グループを相手に、わがテーブル担当の店員さんは非常に陽気でして。
ワインのテイスティングも、教授が「君がやれ」というしぐさをするので、彼は私にワインを注ぎながら「この中であなたが一番えらいみたいだね!」。私がワインをぐびっと飲むと「君ならやれると思ったよ!」。
さすが陽気なアメリカンです。


そんな彼、我々のテーブルに牡蠣を運んでくるときに、こういいました。

「Boys and girl!」

あの、正直言って、このテーブル「少年」とか「少女」と呼べる人はひとりもいないんですけどねー・・・・。
と、いうことを私、ついつい隣に座っていたメンターにいいました。

すると、メンター、
「君はまだgirlでいいんじゃないかな。僕はboyはもうきついけどね(男性陣の中では最も若いのですが)。
 ボーイズじゃなくて、ボーズならわかるけど」


:゙:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ. ゙;`;:



あの、メンターはですね、まだお若いんですけれども、その、頭の方がすこぉーしね、薄いのですよ。
本当に頭の方が寂しい方の自虐ギャグって言うのは、反応に困るものなんですけれども、

「boys」と「ボーズ」のイメージのあまりのギャップっぷりに、そのギャグは私のツボにずっぽしとハマり、しばらく笑い転げ、貴重な生ガキをお口から噴出するところでありました。


とろぉりおいしい牡蠣と、アメリカンなギャグ。
そうしてシアトルの夜は更けていったのでした。








FC2ランキング

ブログランキング



FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 00:53:50 | Trackback(0) | Comments(0)
マイヤさんの三色ご飯
毛を飲み込んでえずいちゃうマイヤさんのために、なんとか食物繊維をたくさんとってもらおうと手作りご飯を試みた私。

私が好きでいつも冷蔵庫にある食物繊維はセロリなのですが、少しあげてみたところこれが見事に

ざっざっ

と砂かきのしぐさ。

独特のにおいがだめなんでしょうか。
仕方がないので、セロリは諦め、次はもっと無難に芋類で攻めていこうかな、と。
ちょうど、ラクレットを作った時のさつまいもが半分ほど残っていたのです。それから、買ったばかりのキャベツ、それから人間はあまり食べないブロッコリーの茎
これが今回の材料となりました。

coffeesheep

これらの野菜をよーーく茹で、フードプロセッサーで潰すだけ。
とろとろのディップができたら、オイルを大さじ一杯ほど混ぜました。
(オイルは、飲み込んでしまった毛をスムーズにンコと一緒に排出してくれる役目があるようです)

coffeesheep
できあがり。

サツマイモがオレンジ色だったので、全体的に黄色っぽいディップに仕上がりました。
どんな味かなーと、自分でちょっと食べてみたところうまっΣ(´Д` )

これは、猫様よりも人間においしい味かも知れません。
くせがなく、さつまいもの甘味でほっこりしています。
冷まして、少しだけマイヤさんに味見をしてもらったところ、ぺろぺろと舐めてくれました。おおお。


それからもう一つ。
やはり猫は肉食ですからね、お肉をがっつり食べてもらいたいところなのですが、マイヤさん、茹でたささみのスープは大喜びで飲むのですが、ささみ自体をあまり食べたがらないのです。食べたとしてもほんの少し。
カリカリ(チキン味)や、猫缶(ターキー味)が「本当のお肉の味」ではないのよ!と、マイヤさんに本物のお肉の味を覚えてもらおうと、今度は「生肉」に挑戦。

さっそくスーパーに鶏のささみを買いに行ったのですが、なぜかアメリカ、ささみが少しお高いのです。
肉屋さんをうろうろしていたら、「ターキー(七面鳥)のささみ」を発見。こちらはお安い!!

これを購入してきましてね、こまかーく刻み、少しずつパッキングしました。coffeesheep
こうしておけば、食べる分だけ解凍してささっとあげられます。
それにしても・・・・なんだかおいしそう・・・・。


そうしてできたのが、こちらの三色ご飯。
coffeesheep
カリカリ、ターキーの生肉、お野菜のディップを少し。


はーい、マイヤさんご飯できましたよーーーー!


coffeesheep
もくもくもくもく。

食べてます、食べてます。
食べるのがへたくそなマイヤさんは、まずは舌でぺちょぺちょできる野菜ディップを食べ、カリカリを食べ、それからちょっと食べにくそうにしながら生肉をメチョメチョメチョと音をさせながら食べていきます。
隣でドキドキワクワクしながら見ていたら、マイヤさん、きちんと三角食べしてました。

もぉーなんて賢い子ッ(*´ω`*)(親バカ



あとから見に行くと、マイヤさんは生肉がたいそう気に入ったようで、だら食いするマイヤさんにしては生肉だけが綺麗に食べられておりました。凍りかけたターキーを、凍えながら刻んだ甲斐があったというものです(´Д⊂ヽ



実はこの野菜ディップ、少し前から続けているのですが・・・・
ひとつだけ、明確に変化したことがあります。
それは、ンコのにおいが驚異的に減少したこと!!
寝室で寝ていても、「あ、マイヤさんンコした・・・・」とわかるほどのかぐわしいンコをされるマイヤさんでしたが、お野菜を少し食べるようにしてからは近くに行ってもほとんどわからないほど。何かしらご利益(?)があるようです。何よりも、マイヤさんがおいしく毛玉を排出してくれるのがいちばんですけどね!








FC2ランキング

ブログランキング


FC2ランキング ブログランキング
愛love猫ご飯 | 00:05:22 | Trackback(0) | Comments(7)
手作り猫ご飯への試み
猫を飼い始めてわずか5ヶ月目。
猫飼いとしてはまだまだ初心者ですが、飼い始めてすぐに気になり始めたことが「手作り猫ご飯」でした。

ペットのご飯に対する考え方って、すっごくいろいろあると思うんです。
たとえば市販のもののみでいい、という方もいらっしゃれば、手作りしてあげたいという人、
肉だけでいいという人や、野菜も少し混ぜた方がいいという人。
日本で猫を飼ったことがないのでよくわかりませんが、日本の猫飼いさんの話やブログを見ていると、数種類のご飯をローテーションしてあげる人が多いようですが、アメリカでは「このカリカリをあげたらいいわ!変える必要ないわよ」と指示されました。

飼い主からすると、できればおいしいものをおいしく食べてほしいという気持はありますし、
同時にできれば体にいいものを、と考えるのが親心、ですよね。

そこで、我が家ではうちのマイヤさんにできるだけ合ったものを、おいしく食べられるものを少しずつ作ってみようと思いまして、フードプロセッサーを購入。猫ご飯への挑戦を始めてみました。

ここで、我が家で注意していることを挙げてみようと思います。

①マイヤさんは毛の長い猫です。毛繕いもかなりします。そのため、毎日(これを書いてる今も!)えずきます。毛玉自体はそんなにしょっちゅうは吐かないんですが。それなのに、ネコ草や繊維質多めのカリカリは味が気に入らないのかあまり食べません。
→繊維質の多い野菜をプラスします。

②マイヤさんは「あなた猫だよね?」と疑いたくなるほど、水を飲みます。そのため、スープなどもたまにあげますが、基本的には「水分を取る」ということを前提にはしていません。
繊維質多め+水分は少なめなご飯のレシピになるので、便秘気味な猫ちゃんには合わないかもしれません。

③やはり手作り猫ご飯の初心者なので、すべての栄養素に配慮できていないと思われるので、市販のカリカリも一緒に、あるいは一日に一度あげることにしています。また、まだ若い猫なので、柔らかいものだけ食べていると歯によくないと言われているため、猫缶ではなくカリカリをあげています。


手作り猫ご飯、たぶんに飼い主の自己満足という側面がありますからね、とにかく栄養には気をつけつつ、それでも喜んで食べてもらうことを目標に・・・・いろいろ試してレシピなどを載せてみようと思います。
お勧めのレシピなどありましたら、ぜひぜひ、教えてくださいね。




参考までに、猫が食べてはいけないものリスト
http://www.ne.jp/asahi/come/across/sub14.html
http://www.necozanmai.com/nekoiku/dangerousfood.html

FC2ランキング ブログランキング
愛love猫ご飯 | 16:06:47 | Trackback(0) | Comments(0)
バンクーバーへの小旅行(1)
現在、私山葵豆が住んでいるのはシアトル。
海と湖に囲まれたいっつも曇っている街です。
そこから北に車で2時間ほど行くと、アメリカとカナダの国境を超え、そしてさらに1時間もするとカナダの都市「バンクーバー」へと至るわけです。

日本でも免許は取ったものの、運転せずにゴールドになってしまったような私ですから、車を運転して知らない土地を何時間も行くのは超不安。行きたいなーと思いつつも、今まで雨のシアトルに閉じこもっていたのですが、今回、日本からきた人と一緒に車をレンタル。ついに、シアトルを脱出してきたのでした!!
今回は、英語のできない私と彼のバンクーバーへの珍道中をお送りしましょう。


登場人物
山葵豆:ナビ。英語力は、中学英語をやっと操る程度
同行者T:運転者。英語力は・・・私とさほど変わらない

ここで一応、弁解しておきますと私は「韓国政治」についての勉強をしていますし、一方、T氏は「モンゴル・チベット」あたりの研究をしており、中国語・チベット語などを駆使します。そのため、我々はアメリカでご飯を食べるときでも場合によっては「韓国語」やら「中国語」で注文をしちゃたりするのです。それでも生きて行けちゃうのがアメリカ。

そのためもっとも大きい問題は、国境越え、そして厳しいと聞くアメリカへの「再入国」でした。
ただ、あまり深く考えない我々。
朝、7時半ごろには私の家を出発し、どんよりとしたシアトルを北上します。
高速に入ってしまえば、もうずっと一本道。天気はどんより、たまに雨がぽつぽつと落ちて来、霧がベールのように下りてきます。

「眠くなる・・・眠くなる・・・」
と呟く運転手T氏に向かって、私はいいます。
「じゃあ・・・・面白い話してください」
「・・・え?俺がするの?」

景色の変化も非常に乏しく、道が森の中に入るか、あるいは両脇に畑が延々と続いています。
山葵「米を作らないとしたら、アメリカには“田んぼ”は基本的になくて全部畑?」
T氏「麦とか作るんだったら・・・・いや・・・・畑かな?」

途中、マクドナルドに寄って朝ご飯を食べ、それから山の中でガソリンを入れます。

coffeesheep
売店で買ったチョコをむさぼるT氏。
一方、かよわき乙女である山葵はビーフジャーキーを買って助手席でがつがつ食べました。
「うわー、肉食系だ・・・」とか言われつつ。

さて、とにかく味気のない道をひたすらに北上しておりましたところやっと看板を発見。

coffeesheep

2マイル先に国境だ!


T氏「ほらほら、ちょっとカナダっぽくなってきた!」
山葵「どこが・・・・?」

という会話を交わしつつ、それでも国境が近付くとテンションが高くなる二人。

coffeesheep

国 境 だ ぁ あ あ あ あ あ あ


ここを通りすぎたら、いよいよカナダへの「入国審査」。
車の中からパスポートを渡し、いくつかの質問に答えます。
「入国の目的は?」
さいとしーいんぐっ!
「あなた方の職業は?」
すちゅーでんとっ!
「#$%&*$#@?」
・・・・えっ・・・・」(沈黙する二人)
「(日本語で)何日・・・滞在・・・・」
「(日本語喋ったよ、この人、日本語)えーと、じゃ、じゃすと わん でい!
は持ってないよね?」
もってないもってない!
思わず日本語になる私たち。
銃について気軽に聞かれるところが、アメリカン(ここはカナダか)なところ。
聞いた方も、たどたどしい英語を話すおバカな日本人がそんなものを持ってるとは思わなかったのでしょう、そんな感じでさっぱりとそこを通過、それから今度は車を降り、パスポートにハンコをもらったり、もう一度いくつかの質問をされただけでカナダに入国となったのでした。

あとから考えれば、今年は、もうすでに今月からはバンクーバーオリンピック。
彼らはいくつかの言語を勉強したのかもしれません。
感じもよく、建物も綺麗で(特に、アメリカへの再入国の時と比べると余計にカナダのよさが際立ちました)、しかも簡単に、英語のできない二人は入国に成功し、バンクーバーへと向かったのでした


>続く






FC2ランキング

ブログランキング



FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 23:36:34 | Trackback(0) | Comments(0)
マイヤさんの極秘写真
※今回のマイヤさん写真は、「姫」なイメージを著しく損なうものであるため、そんなマイヤさんも素敵☆という方のみ見てくださいね☆※

今日は特別に、マイヤさんの極秘写真を放出してしまいましょう。
マイヤさんは普段は美しい猫ですが、ごくたまに凶悪な猫へと変身するのです。



そんな極秘の変身過程は以下の通り。



普段の美しいマイヤ姫
coffeesheep
         変 身 前



こんなにふわもこで可愛らしく、そして気高いマイヤさんですが、なんともまあ寝相が悪いのです。
そんなマイヤさんが熟睡すると、こうなります。


coffeesheep
         変 身 後



ひ、姫・・・・・。
あんまりです・・・・・。


ちなみに、ちょっとカメラを引くとこんな感じ。
coffeesheep
かわゆいにくきゅが丸だしになっていたのでした。








FC2ランキング

ブログランキング


マイヤさんの体を張った(?)写真に応援ぽち☆をお願いします♪

FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 21:06:49 | Trackback(0) | Comments(0)
まったりな午後
朝ご飯兼昼ご飯を食べながら、まったりしていたのです。
マイヤさんも、ご飯を少し食べて満足げにデスクの上でお昼寝。

そんなマイヤさんのカッコが可愛らしくてパチリ。

coffeesheep
スースー

ぷくく、マイヤさんその「前にならえ」みたいなお手手はなんですか・・・・。
それに体柔らかいこと・・・・。

ニヤニヤしながらパチリパチリ。

coffeesheep
ん?

あ、マイヤさん気が付きましたか。

coffeesheep
ちょっと、レディの寝顔を写真に撮るなんてどういう料簡なのよ。

あ、いえ、あの、あんまり可愛らしかったものですからついですね・・・・?



マイヤさん、私にインネンをつけてこられましてね。
そんなお怒りのマイヤさんも美しい・・・と、性懲りもなくぱちりぱちりとやっておりますと、コレ、奇跡の一枚が撮れました。





は・・・・・は・・・・・


coffeesheep


くしゃんっ


くしゃみの前の顔って、人も猫もあんまり変わらないんだなぁと思わせるこの一枚!
小さなキバが見えてるのに、ぜんっぜん野性や緊張感のかいまみれないこの一枚!

か、かわゆい・・・・・(*´ω`*)





FC2ランキング
ブログランキング

いつもよりちょいと間抜けな顔を公開されちゃったマイヤさんに応援のポチ☆お願いします♪

FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 00:28:17 | Trackback(0) | Comments(2)
憧れのサボテン
初めてその存在を知ったのは、小学生の時にみた雑誌でした。
小さな記事でしたが、とてつもなく私を引き付けたのが、そう。


サボテンステーキ。


なんだろう、この魅惑の響き。
肉厚でジューシーそうなうちわサボテンと、そのステーキの写真はその後、20年以上たっても魅惑の存在でありつづけたのでした。その間、実際にサボテンステーキを食べたことがある人に「あんまりおいしくないよ」などという感想は何度か聞きましたが、自分で試す機会は一度も訪れなかったのでした。

そしてアメリカ。
いろんな国の人が住むアメリカ。

サボテン、売ってた。

さすがです、アメリカ。
その文化の多様さにしびれるゥ!!!!

一緒にスーパーに行った友人に、「え、なんでそんなもの・・・・。本気?」といわれながら、「これを買わないでなにを買うというの!」と鼻息も荒くサボテンを購入してきたのでした。

さてさて、そんなうちわサボテン。
もちろん、憧れのサボテンステーキを作るつもりでいたのですが、レシピを探す過程で出てくる出てくる、
「もう二度と食べたいとは思いませんね」
という感想( ´゚д゚`)そんなにまずいん・・・・・??

ちょっとたじろいだ私は、メキシコの料理「Nopales con huevo」に挑戦してみることにしました。
卵と一緒に炒めるので、とりあえずは食べられる味になるんじゃないかと思ったのですね。
では、あまり役に立ちそうにないけどレシピを。
レシピはこちらを使用させていただきました。出来上がりもこちらの写真の方がおいしそうですw

「Nopales con huevo」(一人前)
・うちわサボテン 半分
・玉ねぎ 4分の1
・卵 2つ
・サラダ油
・塩コショウ 少々

うちわサボテンのトゲは大きくて鋭いので、気をつけてトゲを取ります。
coffeesheep
トゲトゲトゲ

黒くなっている部分を除いて、皮はなるべく残しておくようにします。
この皮の部分が、食べるときに弾力を感じさせてくれるため、皮をむいちゃうと寂しい感じになると思います。
さて、トゲを取ったサボテンを短冊切りのように長細く切ります。
アロエのようにぬるぬるしはじめます。また、「うわ、草だ!」というような青臭いにおいがしてきます。
それを、柔らかくなるまで茹で茹で。
coffeesheep
茹でると、野菜というのはパッと目に映える綺麗な色になったりするものですが、サボテンの場合は色が悪くなります

フライパンに、サラダ油をひいて玉ねぎを投入、透明になるまで炒めたあと、茹でたサボテンもフライパンへ合流。
そこに卵を割り入れ、スクランブルエッグを作るようにしたあと、塩コショウで味を調えます。

coffeesheep
できあがり☆(マイヤさんはまったく興味なし)

さて、お味の方は。
まぁ、なんといいますか。
おいしい!という味でもなく、かといって「ネタ的においしいぜ!」ってレベルのまずさでもなく。
ぬるぬるとした感覚、少しの酸味、草くささが少し残り、わずかなエグみを舌に感じる。

ただ、一つわかることは「サボテンステーキ」はたぶんまずい。

これはね、ただ焼くだけで、単体で食べるべきものじゃないですよ。
今日は半分しか使わなかったため、残りの半分は・・・酸辣湯のようなスープの具にしてみようかと思っております。



FC2ランキング
ブログランキング

実はこの週末、カナダはバンクーバーに行ってきました。その時の話は次回に。

FC2ランキング ブログランキング
おうちでご飯 | 23:40:28 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。