■プロフィール

山葵豆

Author:山葵豆
元ソウル・シアトル在住。
やっと日本人に戻った、と思ったら
また韓国ソウル在住(3月まで)。
猫の「マイヤ」と二人?暮らし。
おいしいものと布団が大好き。

major-prof
同居人:マイヤ
シアトル生まれのシアトル育ち。
日本に移住してきた。
国境を越える猫。
2008年10月1日が(仮)誕生日。4歳。

プロフィール

instagramのブログパーツで、リアルタイムに山葵がアップしている写真の更新をみることができます。

―ランキング参加中―

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

■カテゴリ
■ブクログ

山葵豆の本棚

■最新記事
■山葵のお友達・お勧めリンク
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ランキング ブログランキング
スポンサー広告 | --:--:--
iPadより更新
更新が止まっており、とても気になっていた所なのですが、
現在、帰国直前にてインターネットに接続することができません。
iPadの3Gにて更新を試みています。

なんだか少しね、iPadからの更新はやりにくくて、ただ文章を書くだけでもちょくちょく変なことが起こります。
やはりパソコンでネットに繋げられるというのは重要なのですねー。

部屋はもうずいぶん荷物がなくなって、マイヤさんは少し落ち着かないようです。
普段より私の近くにばかりくっついてくるし、開いたスーツケースの前にじっと佇んでいたりします。
マイヤさんとの帰国まであと少し。
無事に到着したら、なるべく早くブログにアップしますよ!

みなさん、
日本でお会いしましょうねぇ!!!

スポンサーサイト
FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 14:09:51 | Trackback(0) | Comments(5)
レーニア山に登ってきた(後編)
シアトルの中心地でも、しとしとと雨の降る天気。
もちろん、山の上ではつもりにつもった雪と、降り続ける小雨、立ちこめる霧に、まともに目も開けられない妙なまぶしさに襲われ、「なーんの景色も見えない・・・」とがっかりした私たち。

ですが、下に降りるにつれて緑が深くなり、さまざまな自然を楽しむことができました。

coffeesheep
滝って、水が滑り落ちてきてるだけなのに、なぜこんなに心がおどるのですかねー。

あちこちに小さな滝、大きな滝が点在。
coffeesheep
みんな張りきって写真を撮ります。


道の脇にはあまりみたことのない花も咲いています。
ガイドさん、「$40の植物の本を持ってきてるんだ!」と、本を片手にあちこちを探索します。
coffeesheep
アザミにちょっぴし似た花。
雨が降っているのは残念ですが、植物に水滴がついている図って綺麗、なのです。

最後の「見せ場」は、キャニオン。
coffeesheep
まさに、大地に「裂け目」が出来ており、ずいぶんと下の方でごうごうと流れる水。
興奮します。

この「裂け目」、すっごく深くて、違うところから見下ろしたときは、体が「ふわっ」とする感覚を味わいました。たかーーーいところから下を見下ろしたような、あんな感じ。


これほど大きな山になると、本当に「ふもと」のあたりでも自然のすごさを感じることができるのですね。
天気は悪くて残念な感じでしたが、一緒に行った友人達とわいわい楽しむことができました。


こうして、11時間のツアーは終了。
一緒に参加した4人で、ダウンタウンのブリューワリー(お店でビールを造っているレストラン)で、うまいビールをごくごく飲みながら、すっかりぺこぺこになったお腹を癒したのでした。

coffeesheep

あまり出歩かなかったシアトル滞在の9ヶ月でしたが、帰国直前の旅行、よい思い出になったのでした。

FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 22:36:53 | Trackback(0) | Comments(3)
レーニア山に登ってきた(前編)

レーニア山(英語名 Mount Rainier)はアメリカ西海岸の北部ワシントン州にあり、カスケード山脈の最高峰である成層火山。高さは4,392 m。

レーニア山 Wikipedia



こちらのツアーに参加して、晴れてる日なら遠く富士山のようにそびえ立つ、レーニア山に登ってきました。もちろん、きついことが嫌いな私ですから「バスで」登っただけですけれどもね☆

ツアーの所要時間はなんと10時間(実際には11時間かかりました)。
朝8時にダウンタウンのホテルからピックアップされ、あちこちのホテルを周り、参加者が全てバスに乗り込んだら出発です。レーニア山は、シアトルの南、タコマという地域にあり、周囲は国立公園として管理されています。シアトルから公園のまでの距離はさほど遠くなく、1時間もあればつくのですが、とにかく広い、大きい。

6月も半ばを過ぎたというのに、まだまだ寒いシアトルなのですが、さらに雨までふってきて最悪な天気の中、バスは何時間も何時間も、山をぐるぐると登り続けます。運転手さんは、その間身振りつきで休むことなく話し続けます。なんかもーいろいろすごい。

coffeesheep
ポーー!という音、すごい湯気を立ててやってくる汽車ぽっぽ。
ロマンがありますね。写真を撮るツアー客、そして汽車に乗っている人々はすれ違うときにみんなで手を振りあい、なかなかほほ笑ましい感じです。

森の中に入ると、そこはまるで映画「アバター」の世界。
coffeesheep
大きな木、生い茂る草、コケ・・・。

coffeesheep
鹿も葉っぱをもぐもぐ食べたりしていました。


そうこうして、出発から5時間後。
やっと、ツアーの最終地点「Paradise」という場所に到着。
ここ、これでも山の全体からすればまだまだ「ふもと」といっても差し支えない高さ。
なのですが・・・

coffeesheep
まぁ、一面、雪景色・・・だよね。
一面につもりまくった(優に2メートルくらい)雪と、天気が悪いせいで立ちこめた霧、そしてしゃばしゃばと降り注ぐ小雨のせいで、そこが山なのかどうかもわからないレベル。景色なんてみえもしません。ひどい。
ひどいといえば、冬服はすでに帰国にもつに詰めてしまっている私は、唯一持っていた長袖の服の上にカーディガンを羽織っているというような服装で、この雪景色の中に放り出されたのでした。
ま、雪の上に走っていってキャーキャー遊びましたけどね、ええ。

coffeesheep
帰りのバスの中からみた狐さんも、この寒さで手袋を買いに行く途中でした。

自然のものすごさを感じます。

(後編に続く)



FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 13:54:36 | Trackback(0) | Comments(2)
水責め再び
月に一度の割合で、じゃぶーんと水に浸けられてしまうマイヤさん。

さーて、そろそろ、今月のお風呂の時間ですよぉ・・・くすくす。


coffeesheep
あれ、マイちゃんの足が水浸し。


coffeesheep
ねぇ、マイちゃんの足が水浸しになってるのよ?

ひーっひっひっひ。
どんどんお水に濡れて、ぺっそりしていくマイヤさんをにやにやしながらシャンプーでごっしごっし。
綺麗にごっしごっし。(水浸しの上、後半暴れるマイヤさんにてこずって写真なし)

でもね、半年の間、毎月一度お風呂にはいっていたおかげで、最初の頃はとにかく水がいやでいやで仕方なかったマイヤさんですが、あまり暴れなくなりました。

ドライヤーかけても、じっとできるいい子なんですよねー?

coffeesheep
諦めたのデス。

あーら、ふわふわの毛がぺっそりしちゃったのねー、マイヤさん。

coffeesheep
猫も楽じゃないのよ。

これで明日から、またふわんふわんのマイヤさんですよ。

coffeesheep
猫の神様・・・哀れなマイちゃんをお助けください・・・。(貴重な顎下ショット

タオルでごっしごっし拭かれたあと、ドライヤーをおとなしくかけられたマイヤさん。
いい子、いい子。
いつでもふわふわなマイヤさんでいてくださいね。

coffeesheep
早く逃げたい・・・



FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 22:08:40 | Trackback(0) | Comments(3)
告発
ある日、野蛮な人に捕まってしまったマイちゃん・・・

coffeesheep

ああ、カワイソウなマイちゃん・・・
猫の神様はいないのかしら・・・


coffeesheep

ちょっとちょっと、可愛いマイちゃんになんてことするのよ



coffeesheep

みなさん!可愛いマイちゃんの虐待現場です!




くすくす、ドラえもん・・・(´Д` )

FC2ランキング ブログランキング
シアトルの日常 | 22:37:34 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。